KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

カロコ Kaloko(地名、池)

あろは まい かーこう

ぺへあ おえ?(お元気?)

今朝はお腹が空いて目が覚めると

木星がまたたいていました。

昨日からオレの月、そろそろ半月

満月まで、ほぼ1週間

 

カロコは山から海までのアフプアアの名前

コスコのあるカロコ・インダストリアルエリア

の海側、

今日はカロコ・マカイの池を見に行きます。

カアフマヌハイウェイを空港から南に向かい、

コスコへ曲がる交差点を過ぎて

次を右折、ゲートが 8時半〜午後5時まで

開いています。

舗装されていない道を凸凹と走り、

海岸に駐車スペースとトイレ

ピクニックテーブルがあります。

お酒はもちろんダメですが、

ガラス容器の持ち込みもアオレ✖︎

お弁当や水筒はOK

f:id:KonaHawaii:20210420141457j:image

10年ほど前にこの石垣の改修が完成、

2017年の写真です。

人の手で一つずつ積んで

カメハメハ大王の時代の

フィッシュポンドが再現されたようです。

人間の汗の結晶、

f:id:KonaHawaii:20210420141501j:plain

最近、行ったら高波で壊れていました。

この奥の池のどこかに、洞穴があり

そこのどこかにカメハメハ大王のお骨が

埋葬されていた、という話も聞きました。

 

野鳥保護のため

堤防の上に入れなくなっていました。

池の近くも侵入禁止。

望遠で何とか撮れたクロエリタカアシシギ
f:id:KonaHawaii:20210420141452j:image
ハワイ語で「Ae'o」英語で「Black-necked Stilt」

ハワイ固有種で絶滅危惧種

1300羽ぐらいしか残っていないそうです。

リゾート開発などで、だんだん生息地が

狭められています。

野良猫が雛を狙ったり

マングースが卵を食べたり

という受難はハワイ固有種の鳥につきもの

猫もマングースも昔はいなかったので、

水も汚れたり、沼地が干上がったり、

成鳥の天敵は人間でしょう。。

 

ここは国立公園になっていて本当に

良かったと思います。

鳥も、水も、魚も保護されています。

f:id:KonaHawaii:20210420141506j:plain

ボラの幼魚(アマアマ)たちが一列に飛び上がって

水面を走っていきます。

 

王家だけのための特別な養魚池でした。

汽水池ですが、真水の服出し口(ワイプナ)

の近くは水が飲めるぐらいの塩加減

The pond カ ロコ、という

池の中の池、

 

カロコ・ホノコーハウは、現在のカイルア・コナ

のようにたくさんの人が住んでいた

ダウンタウンだったのでした。

 

カロコ帰りハーバーハウスで軽く飲み

 

f:id:KonaHawaii:20210420141511j:plain

隣の家の人が、果物を収穫
さて、名前をご存知ですか?

甘酸っぱいトロピアルな味と香り、、

 

マーラマ・ポノ🙏   まはろ なー あくあ

あろは まい あろは あく

歩いて行ける所に池があるなら

散歩に出かけましょう。行け〜

まはろ ぬ〜い

 

 

 

マーコレア Mākoleʻā Cove (ビーチの名)

あろは あひあひ〜

 

マーコレア は、そこに住んでいた

ハワイ1番の伝説の美女と言われる人の名前

『Hawaii Place names』という

地名辞典に書いてありました。

 

アーホレホレのいるケアホレ・ポイントの近くにも

マーコレアがありますが

美女は、このケアウホウの方の

マーコレアの地にいたそうです。

「赤く輝く目」という意味

 

カハルウビーチの入り口の南に

ハワイアン・カルチャーセンター建設現場があります。

その南の端、サーフアンドラケット・コンドミニアム寄り

に入り口があり、警備員さんがいますから

「ビーチに行く」と言って、入れてもらい

すぐ左の駐車場に車を駐めるのが普通。

私は間違えて、「Road closed」と書いてある所を

すり抜けて右へ行ってしまい、

警備員が追っかけて来ました。

すんまへん、英語、読めまへん💦

 

コナで一番新しいビーチアクセスの小道を

(昨日の拙ブログの写真参照)

30歩?で、この浜へ、、

f:id:KonaHawaii:20210419104754j:plain

Sさんが、さっさと入って、ひと波乗り越えて

いるのが真ん中の点です。

私が、どないしよう。。。とひるんでいるすきに

あっという間に、次の大波も乗り越えて、、

ご主人は浜辺の岩に座って動かず。。。

 

ビーチを散歩するだけでも

2つのヘイアウが見られるし、

誰もいないし、、

霊験あらたかな場所です。

昨日はイルカがいました。

 

干潮の時は、特に入りにくい岩場。
カハルウ側から入って、1マイル余計に泳ぐ方が楽。。

ここのドロップオフの所へ、カハルウ湾から数回行きました。

巨岩があり、アーチが3つ、神秘的。。。
f:id:KonaHawaii:20210419104726j:image

f:id:KonaHawaii:20210419104757j:plain
ここに、ホテルを建てようと思った人は

多分、ここを見ていない。。。

めちゃ神々しい場所です。

まだ、ホクレア号がタヒチに行く前の

ハワイ文化が後進的で野蛮なだけと

されていた時代

1974年に、コナ・ラグーンホテルが

オープンしたそうです。

1988年に廃業

2004年にやっと解体されました。

2013年から、カルチャーセンターの工事が

始まり、今年の6月に出来上がる予定だそうですが、、

間に合いそうにない感じ。。


f:id:KonaHawaii:20210419104745j:image今朝、5時50分の朝焼け

空中がピンクに染まりました。

f:id:KonaHawaii:20210419104801j:plain

一昨日の拙宅、猫サンセット

 

マーコレアでまーこれや!というサンセット

  (を近々撮りに行くつもり)

 

明日は、カロコ・ホノコーハウ国立公園の

カロコ側のフィッシュポンドの話、

カロコってどういう意味でしょう?

 

マーラマ・ポノ🙏  マハロ ナー アクア

今日もアーホレホレ、と言い続けていたら

ナヘナへ、脱力しすぎました。

「おんどれ、何やってんねん!」と、どなられたら

「アーホレホレ」と、やりかえしましょう。

ほな、また、おおきに〜

ʻアーホレホレʻāholehole (魚の名)

あろは かかひやか〜

今朝は木星の光に覚醒

 

コナ空港に入る人の中で

ワクチン接種を済ませた人たちの

検査が緩くなるそうです。

 

f:id:KonaHawaii:20210418091540j:image

昨日のクアベイことマニニオーワリ・ビーチ

北寄りの岩場にて。

婚約者に裏切られた悲恋のヒロイン、

マニ二オーワリさんが、魔術で変えられたという岩

その岩の周りに、見え隠れする

アーホレホレがいました。

マニ二(シマハギ)が1匹どさくさに紛れて

いるの、わかりますか?

 

ゴートフィッシュ(ヒメジ)の群れが

砂地を這い回っていると思ったら、

ササっとアホレホレの200匹ほどの群れが通り、、

波が巻いていて、うまく撮れず、、

岩をバックにしたら何とか絵になりました。

おおきに〜! 

この名前が私の大のお気に入り。

 
f:id:KonaHawaii:20210418093722j:image

すぐ北のクキオ・リゾートから

セレブさんたちを乗せて来たカヌー

この辺の岩場がシュノーケル・ポイント

私たちは、びた一ドル払わず

同じようにいい思いをさせてもらっています。

すんません。。。

f:id:KonaHawaii:20210418091545j:plain

帰りがけにも、遠回りして寄ってみました。
前に、この場所をチェックしていなかったので

年中いるのか今がシーズンなのかわかりませんが、、

冬は荒れていて波打ち際は危ないし

写真も水の泡しか撮れません。

 

エリソン鬼塚コナ国際空港at Keahole

のケアホレがこのアホレホレの

成魚のアーホレのこと。(ケは冠詞)

空港ができるずっと前、

岬にアホレがたくさんいたそうです。

日本語ではユゴイの一種、

英語ではFlagtail

 

ホレの意味は「剥ぐ」なので

ハワイでは「厄除け」になるそうです。

 

「アホレは不眠不休を好む魚」

という諺があります。

いつも荒磯で動き回っているからでしょうか。。

 

カイルア湾のコナインの前の岩場にも

います、ちょいと命がけで

写真を撮りましたが

全部ボツ。。。ほりました。。

 

アホレホレあかん写真はあ〜ほれほれ

 

f:id:KonaHawaii:20210418093718j:image今朝は「コナで一番新しい通路」を

通ってビーチに行ってみました。

影が写ってるのが、おいどんでゴワス

コナ・ラグーンホテルが昔あった所です。

どの辺かわかります?

 

マーラマ・ポノ🙏  まはろ なー あくあ

新鮮な小魚を食べてカルシウムをもらいましょう

アーホレホレ、炭坑節も踊りましょ

あふいほう まはろあぬいろあ

カウカウ kaukau (食べる)

あろは あわけあ かーこう

今朝は英語で「Hi!」と呼びかけられ

英語で応えようとした夢、を見てて

そのストレスで目が覚めました。

英語はイマイチ体に良くないような。。。

アメリカの警察官もハワイ語で

「アオレ〜」(ダメ)なんて言ってる方が

いいような気もします。

それより先に、座禅と柔道、合気道を

必須にしたらいいと思うんですけど。。

 

米本土で「Boba」(タピオカ)が品不足で

特に、黒いのがなくなっているそうです。

ハワイでもブームですが、供給量ギリギリとのこと。。

f:id:KonaHawaii:20210417104358j:image

昨日の夕焼け小焼け、6時50分

そこらじゅうがピンクになり

三日月(4日月)が出て来ました。

 

今週のカウカウ総まとめ

f:id:KonaHawaii:20210417104403j:image

元祖テシマ食堂の朝食

座禅の間、1時間、熟考した末の結論

コーヒーにパンケーキ1枚、

コンビーフハッシュ(コロッケ風ですが)

自家製コンビーフなのでオノ

味噌汁には、いつもノリが付いてくるので

ちぎってお椀に入れます。

 

テシマに毎週通って18年

メニューも、もちろん暗記しています。

座禅の後、5人で行ったら

座禅会の新会長さんが、こそっと皆の分を

支払ってくれていました。

おおきに〜🙏🏻

 

f:id:KonaHawaii:20210417104408j:image

昨日のランチはシオノ・イザカヤ

このジンジャービアは名前はビアだけど

アルコール無しでピリピリ感が嬉しい

担々麺はスープのごま味がクセになり、、

キクラゲをトッピング

それに、もずく酢でナヘナへ

デザートは抹茶白玉クリーム

同行した白人の人も好きなので

半分ずつでちょうどの量

外の席が今の季節は日陰で心地よくオルオル。。

 

f:id:KonaHawaii:20210417104414j:image

シオノ・イザカヤの隣の隣の隣、ウメケズ

左はラウラウ、タロの葉が多くヘルシー

ロミサーモンも付いています。

右はオノのマックナッツ・クラスト

二人で分けてちょうど

醤油を持って来てもらうといいはず、、

 

前菜はポケサラダを3人で分け

ワラビも入っていて

ドレッシングが「Bug's juice」=虫ジュース、という

ブラックジョークな名前で、笑いをとっていました。

キノコのソテーも美味

 

食事席は外で、夕日も見れて

リーズナブルだしライブ演奏もありで

サービスも早いし、余は満足

 

予約は6人以上しかとらないので

6時から7時ごろは待つ人の列ができています。

11時から9時まで、ずっと開いているので

早目に行くといいはず

ゆっくり食べて、ライブも聴いて

うちへ帰って来たのは、ちょうど7pm

 

ウメケズには「カウカウ気合い」が

感じられました。

 

「カウカウ」を初めて使ったのは

日本でパプアニューギニアの人と話した時

「ミー ライキン カウカウ」=I like eating

と言ったら、めちゃウケして

食事をおごってくれはりました。

 

ピジンの項で書きましたが

中国人的発音のビジネスから来たピジン

太平洋を巡って、品物を言葉と共に

運んでいたのでした。

 一番売れた物が、食べ物だったのでしょう。

「カウカウ」という言葉も

ハワイ語でないのに、しっかり定着しました。

 

カウカウを買う買うと皆、船を待ち

 

さて、今日はアホレホレの写真が撮れて

悦に入っています。ヒッヒッヒ〜 おおきにっ

さて、アホレホレとは何でしょう?

 

カウカウタイムなので、この辺で

マーラマ・ポノ🙏  八百万の神様まはろ

お弁当を持って何もない人の少ない所へ

行くのも楽しいですよ。

おたいせつに〜 ありがとうさん〜

布哇 ハワイ

あろは まい かーこう

今朝は小鳥の合唱コンクール

ありがたい目覚めでした。おおきに〜

f:id:KonaHawaii:20210416103051j:image

パパイヤサンライズ。

野豚、サプライズ。

隣の家のマンゴーが、ちょうど熟れて

今日明日にでも捥ごうという時に、、、

豚の口って人間と同じくらいの

高さに伸ばせるのか、、

夜中に来たらしき豚が、

マンゴーをことごとく完食

 

アボカドもやられ、

うちの粒マンゴーもやられ

私が丹精込めず、力を込めて植えたティーリーフは

葉をへし折り葉元の柔らかいところだけ

食っているし、、、

 

多分下の家のフェンスのどこかに

穴が空いているはず、、

と、梯子を持ち出し、鉄条網を乗り越え、

やっぱりプカだらけ。。。

ご近所のフェンスのプカ(穴)埋めの

溶岩積み上げ作業。

前腕と指の筋肉がさらに屈強に、、

手の皮はさらに分厚くなり、

鉄条網を素手で掴んでも痛さを感じない域まで

到達しました。

しゃがんでいたので大腿四頭筋もがっつり、

幾つになっても筋力は鍛えらる、と自画自賛!

f:id:KonaHawaii:20210416103124j:plain

 ついに、このクラブスパイダー

(カニグモ)も

指先で潰せるようになりました。

眉毛付きのスマイル君ですが

刺されたら、ほとんどの人に腫れや痒みの

症状が出ます。

f:id:KonaHawaii:20210416103128j:plain

『図説ハワイ日本人史』ビショップ博物館出版局

のページを撮らせてもらいました。

戦前までは「布哇」は普通に使われていました。

『布哇朝日』と『布哇毎日』は共にヒロの新聞

『コナ反響』(エコー)はもちろんコナの新聞

コナは「古那」という表記も使われていました。

 

ハワイのハが何故「布」にされたのか??

江戸末期ぐらいに、お上が決めた漢字なのか、、

「哇」アイには、息を吐く、淫ら、子供の声

などの意味がありました。

 

ハワイイの語源をたどると

ジャワイキ(小さいジャワ)に繋がる話を

前に「ハワイイ」の項で書きましたが

ジャワは「爪哇」と書くそうです。

 

中国語で、ハワイは「夏威」シャーウェイ

こちらも当て字ですが

ちょっと意味がある漢字を使ったようです

それに、偶然、ジャワイッイに

ちょっと似ています。


f:id:KonaHawaii:20210416103114j:image
ヘンリー・ストリート西行き、

新しいセーフウェイの先、

先日、突然、この右折矢印が塗られ、

ドライバーをビビらせています。

その先のクアキニで右折するために

右車線に入っていたら

ラニハウの交差点で唐突に

右折オンリー矢印、それも2つ💦

でも、左車線には他の車がいて入れないし、、

というわけで、この前のトラックのように

矢印を無視するしかないのでした。

「Welcome to Hawaii!」

こういう、他の州や日本ではあり得ない

ことが起こると、皮肉で言う合言葉

「布哇へようこそ!」

 

布哇ライフ友の来布無く寂し

 

hu'ai といえば、イム(石焼オーブン)を

開ける、つまり食事を始めること

で、明日はカウカウ特集

カウカウ、って何でしたっけ?

 

マーラマ・ポノ🙏  まはろ なー あけあ

 おおきに〜 ありがとさんでした

IZ イスラエル カマカヴィヴォオレ

あろは あういならー

今日は旧暦のひな祭りです。

が、ハワイで私以外の人は多分

誰も興味ないはず。。。

桃の花の咲く頃

陰暦の3日なので、三日月

f:id:KonaHawaii:20210415114154j:plain

これは、昨日のホアカの月

今夜はクーの月の4日間の1日目

 イスラム世界はラマダン入り

 

f:id:KonaHawaii:20210415114202j:image

IZ、ブラザー・イズ

マカハサンズ オブ ニイハウの一員でした。

一番最初にイズの声を聞いたのは

1992年の夏、京都に住んでいた時、

FM京都から

♪アッケボノ ムサッシマル and コニシキ〜♪

が聞こえて来て、笑い転げました。

相撲部屋の擬音がバックに入り

♪They are Hawaiian スモートリ♪

と、ナヘナヘな声で歌うのに

めっちゃ感動したのでした。

曲名が ♬Tengokukara kaminari ♬

 

ハワイに住む気なんて全く無かったのに

この歌だけは気に入って

♪アッケボノムサッシマル、アンコニシキ〜♪

とお経のように唱え続けていたら

1997年の7月にコナに引っ越す羽目に

なっていたのでした。

奇しくも、IZ が38歳で亡くなって

お葬式が終わった頃でした。

 

今朝もテシマ食堂で朝ご飯を食べている間

2回もIZの歌がかかりました。

 

1993年のIZのシングル盤

「Somewhere Over the Rainbows/

What a wonderful World」が、

今年のアメリカ議会図書館の

全米レコーディング登録に

選出されたそうです。

900曲ほどの公募の中から選ばれた

国民的歌手

亡くなってからの23年で

その人気が全米にじわじわと

広がっていたのでした。

まさに♬天国から雷♬

 

イズのオハナ(家族)たちは

この快挙を「彼の魔法」だ

と言っているそうです。

彼の歌こそが「この素晴らしき世界」

音楽って、すごいですね。。。

 

今の不安な時期に、余計

心に響く歌とウクレレのリズムですね

苗字のカマカヴィヴォオレは「恐れない目」

という意味かな。。

 

f:id:KonaHawaii:20210415155306j:plain

少し知り合いのWalt Kealeさん、

IZの「いとこ」にあたる方 

ハワイでは、友人はほぼ誰でも「いとこ」

だったりしますが

Kealeさんは本物のいとこ

声が IZにそっくりで、ナヘナへ感たっぷり

ぜひ聞いてみてください

 

f:id:KonaHawaii:20210415114149j:plain

ヒロのお土産に、いちご大福をもらいました。
いちごが大きすぎて可愛さイマイチ

並んでまでして、買って来てくれたので感謝!

洋梨、ぶどう、などもあります。

 

IZの曲イズの踊り子フラダンサー

 

さて「布哇」という漢字

なんと読むのでしょう?

 

マーラマ・ポノ🙏  八百万の神アラーの神まはろ

ナヘナへと5回唱えて

ヘナヘナになりましょう

おおきに〜 めけあろは〜

 

 

 

ナへナへ nahenahe (優しい、穏やか)

あろは あひあひ かーこう

こちらのケーブルテレビの最低料金で

入るキク・テレビですが、

今年は、大河ドラマが

著作権の関係で放映できないらしく

代わりに「北の国から」

今まで見たことが無かったので

先週から楽しみにしています。

 

こちらの日系人の方達は

俳優が誰であろうとも、

亡くなっていようとも

我関せず、、なので

田中邦衛さん、若い!

 

昨日の拙宅からのサンセット

ちょろっとGreen Flashが見えたような。。

f:id:KonaHawaii:20210414114327j:image

こんなヤシの木の形容はナペナペ

ナへナへに似ていますが、

ヤシが、揺れてそよぐ感じ

日の出も日没も随分北に動いて来ました。

今夜はホアカの月が、夕陽の残照の中に

光っていました。
f:id:KonaHawaii:20210414114323j:image

日曜日のナヘナヘ・スイムで

イルカのカップル3組ずつが、2 グループ

水ぬるむ春、

大会もないので、のんびり、ゆるゆる。。

大会で、自分の記録を維持するのが目標で

水泳を続けていたけど

そんなこと、どうでもよくなり

ただ、海や海の生物を楽しむ

純粋な遊び、となりました。

ほんまのナヘナへ。。

 

f:id:KonaHawaii:20210414115409j:plain

匿名希望というわけでなく

たまたま、こんな風に写りました。

ナヘナへな生き物といえば、このポロリア、、かな
これは、刺さない緩いやつなので大丈夫

 

ナヘナへというウクレレのメーカーもあり、

ハワイアン音楽の形容詞、ナヘナへ

 

♬コウ レオ ナヘナへ♬ =あなたの優しい声

♬カワイ ナヘナへ♬ =優しい水

という歌もあります。

レオ ナヘナへ=優しい声、は

歌詞も出てきます。

 

f:id:KonaHawaii:20210414114319j:image

カイルア・コナで生まれ育った

生粋のコナっ子の

フラの先生、声も教え方も ナヘナへ。。。

ウクレレを弾きながら歌いながら

オリジナルの振り付けを教えてくれます。

レオ ナヘナへでフラもゆるりと踊れます。

 

この先生が作詞作曲した歌があり

レオ ナヘナへというのが出て来ます。

その振り付けを、一生懸命練習していた人が

間違って覚えてしまい

もう、直らなくなってしまいました。

皮肉なことに「ナヘナへ」を

頑張りすぎたのです。

間違って覚えるよりは、覚えていない方が

いい場合もあり、やりすぎるより

怠けていた方がいい場合もあるわけです。

 

f:id:KonaHawaii:20210414114354j:plain

甥御さんもクムで、プロの歌手

こちらも純正コナっ子でレオ ナヘナへ

どっしりとしているからこそ穏やか

 

ヘナヘナでなくしっかりとナヘナへに

 

「レオ ナヘナへ」といえばこの人、という歌手

1997年に亡くなった有名人は誰でしょう?

 

マーラマ・ポノ🙏  まはろ なー あくあ

頑張りすぎないよう、

肩の力を抜きましょう。

おたいせつに〜 おおきに〜