KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

♫アケボノムサシマルandコニシキ♫ 天国からカミナリ

あろはかかひあか〜

Happy 旧暦の雛祭り=ウチナー浜うり

 

先月の満月が沈むところ

 

昨日の宵の口

夕焼けの明かりが、ほんのり時

ホーアカの三日月が出たところ

と言っても、月の出は午前7:30

明るくなってからなので、見えないだけで

月は太陽を追いかけながら

一日中天空にありました。

 

イスラムの国の人々が

この3日月をシンボルとしているのは

日中、太陽と共にパワーを放ってくれるからかも

 

今年のイスラム暦のラマダンと

私の水泳断ちの30日間がちょうど重なり

翼状片手術後4週間の今日から海に復帰💦

    🙏🏻

 

チャド曙さんに因んで

コナの曙、過去写真

夕日の綺麗なコナですが、

朝日は今ひとつ冴えず、

ここ2ヶ月は特に雨が多く雲に覆われています。

 

ハーバーの方から出勤し山に向かう白鷺が

たまたま写りました。

アフター

でこんな色

 

拙宅の裏で、朝日を浴びる牛の巨体

ハワイアンスモートリ風

 

カイルア湾の夜明け

コナでは周りが明るくなった後に

朝日が山の端(は)から出て来るので

アケボノ印の缶詰のような

アサヒビールのような

旭日旗のような、曙の光は見えないのでした。

 

曙川中学に通っていたせいか

高校が東雲(しののめ)町にあったせいか

朝焼けやアケボノに親しみを感じつつ

その割には寝坊しつつ

10代を過ごしていました。

 

1992年の9月、京都に住んでいて

FM京都を聞いていた時でした。

♫アッケボノムサッシマル、アンコニシキ〜♫

という歌詞が突如として耳に入り

それはそれは感動したのでした。

その時、ハワイは手の届かない所にありました。

 

IZの歌う♫天国からカミナリ♫

今、聞いても、いつ聞いても名曲やわ。。。

IZの亡くなった1997年の7月に

コナに引っ越すことになったのは何の力だったのか。。

 

日本にいた時は、

ハワイアンsumoレスラー全盛時代

その頃のお相撲が観られて幸せでした。

 

ジェッシー高見山を世に出した

日系442部隊の退役軍人の拓いた道を辿って

登り詰めた3人のハワイ力士

 

ハワイアンの多いワイマナロ出身、

あの巨体と睨みの効く眼

曙の弓取り式での眼光は今でも瞼に焼き付いています。

 

ハワイ島にいた曙の弟さんには

15年ほど前、何回か会ったことがあります。

当時はプナでヒッピーさん暮らし、

手作りアクセサリーを屋台で売ってはりました。

 

ワイマナロ出身だけにわいもなろ

 

と、他のハワイアンにも

インスピレーシャンを与えた先駆者

       🙏🏻

 

昨日の大福寺のイースターハット・ショー

わては毎年これですねん

製作時間5分

右下の折り紙ハットは

イースターに因み百合の花の折り紙

和柄のを40枚以上繋げてはります。

 

ハワイの1日は日没と共に始まります。

この夕陽に照らされているティアレ(キエレ)の花も
日没時に全開します。

 

次の満月は4月23日ごろ

大きくなる月と共に心もふくらませて胸をはって・・

 

マーラマ・ポノ🙏 まはろ八百萬の神

まはろハワイアン・スモートリ

おおきに〜