KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

コ ’ア koʻa (サンゴ)

あろは あわけあ かーこう

今朝は久々にアラームで起こされ

座禅へ・・体幹、コアの筋肉と

朝食のメニューに意識を集中?して、、

 

朝は、肌寒い気温で

テシマでサイミンが食べたくなってしまいます。

結局、オーバーイージー卵載せパンケーキと味噌汁。

 

食べずに泳ぎに行くこともできるのだけど

座禅の後は血圧も体温もめちゃ下がっていて

寒くて、水に入る気になりません。

 

f:id:KonaHawaii:20210520095822j:image

私たちがいつも泳いでいる珊瑚礁は

サンゴが半分以上死んでいます。

このピンクさんは若くてピチピチ、

たまーに、こんな色のも見かけます。

そのバックにあるのは骸骨化したサンゴ

窪みにウニがはまっていたり、、

f:id:KonaHawaii:20210520095818j:plain

これは2019年の写真、

カイルアピアからのスイムコース

1500mのブイのロープにサンゴが4グループ、

等間隔で付いていました。

f:id:KonaHawaii:20210520095813j:image

今、一番上のは死んでしまっています。

 

サンゴは1000年ぐらいの寿命を持つ

ものもありますが、

ハワイ島の西海岸はフアラライ山の約200年前の噴火で

溶岩が流れているので、サンゴも新しく、

緩やかな裾野的に広がる珊瑚礁。

 

地球上の酸素の7割近くは海で作られ

海から出ているそうです。

そのほとんどを、サンゴのポリプに寄生する

植物プランクトンが作るそうです。

サンゴが減れば、酸素も減り、

海の生物だけでなく陸の生物も生きられなくなります。

大事な大事な酸素を作っているサンゴを

私たちは岩だと思って、上に立ったり、足蹴にし、

ないがしろにし過ぎ、、でした。

 

サンスクリーンの油もサンゴを窒息させてしまいます。

Reef friendlyのサンスクリーンを使うこと

塗ったら最低15分は水に入らないこと、

サンゴは人の手が触れただけで死んでしまうこと、

など理解し、心して、海に入りましょう。

 

自分が溺れないようにするだけで精一杯、

他の生き物への思いやりを持てないという人は

まず、水に慣れて余裕ができてから、ですかね。

 サンゴに近づくのは、、

 

カハルウでは2006年から「reef teach」という

ボランティアが毎日、サンゴと海洋生物を守るべく

啓蒙活動を続けています。

今年は5/28〜6/5 満月の2日後から9日間

サンゴが産卵(放卵)し、その卵が着床する時期

なので、ビーチを閉鎖するそうです。

f:id:KonaHawaii:20210520095809j:image
カイルア灯台の下のピナクル・ポイント

大岩に付いた古いサンゴの死骸の上にまた、

新しいサンゴがちょろっと芽生えています。

 

ハワイの創世記、クムリポには

サンゴ(Ko'ako'a)が一番最初の

重要な生物として出て来ます。

「サンゴ様」と呼びたいくらいです。

コアは木の名ですが、コ’アはサンゴ

コッアに近い発音かな

 

人や海 生かすみなもとコ’アにあり

 

今日は「AutoBody」という所で

「Detail」をしてもらいました。

はて、何のことでしょう?

 

マーラマ・ポノ🙏  まはろコ’アさま

酸素のありがたさを思いながら

深呼吸しましょ

まはろ あ ぬい ろあ〜