KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

クア・ベイ KuaBay

あろは あわけあ〜 

ぺへあ おえ? まいかい あう(元気です)

ヒロの普通の公立高校の卒業生であるジェニファー教授が

ノーベル化学賞を受賞したそうです。ヒロ高校、やりましたね。

しかも、高校生の時にインスパイアされ、

その道に進んだそうです。Hilo High、おめでとう!

 

渋滞がないので

カイルアのダウンタウンから北へ約20分、

お尻山、Pu'uKuili の北の端がクア・ベイ

VeteransCemeteryの看板が右に見えかけたら

左折車線に入り海側へ入ると

お尻山が、おっぱい山に見えます。

ゲートを越えスピードハンプをいくつか越えると

突き当りが駐車場、トイレ、

階段もあり、9時にライフガードも来るし、

シャワーは、なんと温水。

Kuaは背中と言う意味ですが、マニニオーワリが正式名

f:id:KonaHawaii:20201009062745j:plain

8時に行けば、この色を独り占め!

全米一のビーチにも選ばれています。

ブルーグリーンの水に包まれたハウオリ幸せ感、

何回も反芻できそうです。

 

ここは湧き水が少ないからか、暖かい優しい水、

砂浜も心地よく、、砂はたまになくなるそうですが、

マジックサンドビーチと同じです。

入るとすぐウルアの稚魚が寄って来ました。

ボヨ〜ンと浮かんでる物に寄ってくる習性ですね。

眼が合ったヤツが1匹います。

f:id:KonaHawaii:20201009063359j:plain

ロウニンアジ、釣り人憧れのGTのお子様達

 

クキオビーチまで片道1、2マイルを北上する水泳大会には

今まで4回出ましたが、ここから南は行ったことがないので

昨日はワクワクで左の岩場へ。。

Bonefish?かMilkfish(沖縄のサバヒー)のでかいのが

底にいて、相棒さんは一瞬「目の端っこでサメに見えた」らしく

追っかけていました。この人はサメを見つけると追っかける習性。

水面にはサヨリの群れ、サヨリは水面に沿って泳ぐ習性

f:id:KonaHawaii:20201009074753j:plain

ちょいと奇をてらいすぎ写真、、、

太陽と波を水中から撮ってみました。サヨリ、見えます?

湾の南、上に住宅のある、この辺の岩場は濁っています。

珊瑚礁も砂地も広がっていて、

いつものカイルアの海とは全然違います。

f:id:KonaHawaii:20201009075315j:plain

スキューバダイバーを発見、

彼の吐いた息が上がるにつれて大きくなります。

推進20mくらいかな、でっかい岩礁の下を撮影中でした。

ネムリブカ? メンパチ?

 

ボートがやって来てエンジンを止めたと思ったら、、、

やっぱりイルカ! 難易度の高いスピンを見せてくれました。

ボートの人たちが降りて来て泳ぎ始めると

イルカ達は消えてしまいました。

臭いヤツ、誰や! 

コロンや日焼け止めやいろんな匂いがしてました。

 

1人で岸から泳いで来たスノーケラーがいて、

「Eagle ray!」と言うので見に行きました。

深いので写真はイマイチでした。

 

戻ろうとしたら、カニを発見、すぐ砂に潜るのですが

他にも数匹いて、1匹はヒラメと一緒にいました。

どちらも見事な保護色。

ヒラメは子供?チビカニはCommonBoxCrab、

ハワイ語の名前が「ポキポキ」すぐ砂に潜るので

なかなか撮れません。

f:id:KonaHawaii:20201009081028j:plain

 カニは目だけが少し出ています。

どちらも楽しくなるお顔

 と言うわけで「もう戻ろう」と言ってから

浜辺に着地するまで30分以上遊んでいました。

エイやヒラメの舞い踊り、、楽しませてもらいました。

 

一日中ここにいたら

勉強になるし、幸せになれます。

8時ごろなら、だいたい穏やか、、

駐車場も空いています。

f:id:KonaHawaii:20201009083349j:plain

10時過ぎると、こんな波が出るので💦

カニやヒラメどころでなくなります。

 

朝ごはん食わずに行こうクアベイに

 

f:id:KonaHawaii:20201009094916j:plain

さて、これはカイルア湾、何をしているのでしょう?

 

月は今日から「ポエポエ」の10日間、だんだん

痩せて行きます。オレの月、

オーレでも飲みましょ。 下弦の半月、

マーラマ・ポノ🙏  マハロ ナー アクア

 読んでくれはって、ありがとうさんでした。