KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

カカオ cacao

 

ヴェリナ マイ カーコウ!

Happy 新嘗祭 

今日はKTAにお餅が出ていたので

とりいそぎ買いました。

店であった知り合いに、

「Happy Thanksgiving! 」と言われました。

 

色んな物が不足していたり、

中国からの輸送が滞っていたり、、

あちこちで人手不足も、そして、インフレ。。

 

ハワイ産のチョコレートは、インフレではなく

もともと高価な物、人件費が高いので仕方ないこと。

ハワイの典型的お土産のマカダミアナッツチョコには

ハワイ産のカカオは使われていません。

採算が取れないし量が足りないし、

ここ20年くらいで急に増えたカカオ

現代用語なのでハワイ語にはありません。

f:id:KonaHawaii:20211123121854j:image

マクレ(若くない)の方たちの星!カカオ

古い実ほど色が輝いて来るのです!

熟すのに6ヶ月ほどかかります。

真ん中の明るい色のはもうすぐ

収穫できます。

 

学名のTeobromaの語源は「神の食べ物」

マヤなど古代文明では薬だったようです。

f:id:KonaHawaii:20211123121903j:image

村松小農園のを写させてもらいました。

大きいのは長さ20cmを超え

実は幹や枝から直接出てきます。

コーヒー農園で、チョコレート作りもしてはって

美味しいチョコも売ってはります。

 

プナで農地を開墾してカカオファームを

立ち上げた人もいました。

火山の噴火で、チョコレート状の溶岩に

埋もれてしまったそうです。

コナに引っ越して来て、再度カカオを植え始め

がんばってはります。

カカオはコナの土壌にあっているようです。

f:id:KonaHawaii:20211123121856j:plain

いろいろな色になりますが、

カカオマスの味は同じ
f:id:KonaHawaii:20211123121859j:image

これは、他の知り合いの家でご馳走になった物

白いパルプ部分が食べられます、が、

普通、種だけを使います。

一個に20個から50個ほど入っていて

それがカカオの原料

f:id:KonaHawaii:20211123132542j:image

これをすり鉢ですり潰し

砂糖を咥え煮流のですが、かなり

根気のいる作業です。

コーヒーよりも手間隙時間がかかります。

 

めんどくさがりの私は、殻を爪で取り

中身を食べています。

 

カカオの実、年増になるほど真っ赤顔

 

f:id:KonaHawaii:20211123135342j:plain

一昨日の月の出でした。

手振れで満月っぽく写りましたが

ラーアウの月

今夜はラーアウパウ

明日からオレの月

 

さて「マ’ア」というハワイ語

「You have to ma'a to do this」みたいに

使いますが、どういう意味でしょう?

 

マーラマ・ポノ🙏  まはろなーあくあ

冷えないようお大切に〜

感謝感謝の日、まはろあぬいろあ〜