KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

Kupa Landing (クパ桟橋 )

あろは あひあひ

今朝は子ヤギの声で起こされました。

ニェ〜〜と猫の声に似て、、

すぐ、そこにいるように響くのですが、

声はすれども姿は見えず、、

 

ホオケナといえば「クパ・ランディング」でした。

f:id:KonaHawaii:20210327145331j:image

1871年から1880年まで、この辺の交通管理官をしていた

ヘンリー・クーパーさんに因み

CooperLandingと桟橋を名付けました。

ハワイ語発音で、Kupa

この桟橋のおかげでホオケナは栄え、

1880年代には、ハワイの王家の人たちも

ホノルルからやってきたそうです。

カラカウア王、リリウオカラニ女王・・

マーク・トウェイン・・・

 

1890年代には中国人商人が移住して来て

食品店、豚肉屋、レストラン、ホテル、、

店が立ち並び、

1919年に蒸気船「マウナロア号」が就航すると

毎週60〜80人の沖仲仕が来て、

ロバ、ラバ、馬で荷物の積み出しをしていたそうです。

 

牛はカヌーのヘリに縛り泳がせて

船のクレーンまで運んでいました。

1929年に蒸気船の寄港が月に2回になり

1930年の高波で桟橋が壊れ、

1940年には来港しなくなり

ハイウェイの近くに人々が移住していき

次第に寂れていきました。

 

第二次世界大戦中には軍人たちが、射撃の練習だと、

ホオケナの崖に、綿綿と巣食っていた海鳥を撃ちまくり、

全滅させてしまったそうです。

鳥たちは今だに戻って来ません。

 

1951年の地震とシロアリの害で2つの教会も学校も潰れ、

津波にもやられ、輝かしい港は廃墟となりました。

 

これは何に使った物でしょう?

f:id:KonaHawaii:20210327145311j:plain

塩を作った溶岩の水盤、ビーチの入り口に置かれています。

古き良き時代の名残り、、

 

♪ホオケナ イカ ライ ホノム アオ ナ マヌ

穏やかなホオケナ、鳥たちが群がる港

♬Kupa Landing♬という歌の出だし

 

f:id:KonaHawaii:20210327145337j:plain

KUPAは地元のハワイアンのグループの名

Kamaʻaina United to Protect ’Aina

海やビーチを守るために結束し、

こんな手作りのリサイクルゴミ箱を作ったり

パトロールをしたり、、

おおきに〜

f:id:KonaHawaii:20210327145405j:plain

トイレもちゃんとしていて、車椅子アクセスもあり、、

KUPAとFCHBP(フレンズ)たちに見守られている

ちょいとした自治区になっていました。

 

ビーチに入る前に思わず「お邪魔しますチャント」

を唱えました。

「寒い〜寒い〜入れてください〜〜」というやつで

ちょっと違うかな、、と思いながら、、

 

クーパーよりクッパ食べたし洗い髪

(そう、海から上がったら冷えるのです)

 

今日は、道路が空いていて思い出しました。

ハワイ州の休日でした。

さて、何の日だったでしょう?

 

マーラマ・ポノ🙏  まはろ なー あくあ

Hua からAkua になる幸せな月の夜

いいじゃないの、幸せならば、ですねん

ありがとさんでございます