KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

ツナミ Tsunami

あろは けあの あひあひ かーこう

今回のストームではカウアイの北でも

酷い土砂崩れが起こったり、

水の怖さを再確認。。

 

夕陽が見え隠れの雨、笑い泣きの空模様

朝は、いい天気で、余り暑過ぎず

最高の散歩日和

一年ぶりに靴を履き、

ホノコハウ・ハーバーから

4時間半も歩きました。

延べ2時間ぐらいは写真を撮ってましたが。。

f:id:KonaHawaii:20210312122934j:image

底まで見える海に、飛び込みたい衝動に何度もかられ、、

今朝は穏やかな干潮

ブロウ・ホール(潮吹き岩)はおとなし過ぎ、、

 

海は毎日違うし、干満の差でも全然違う顔

3秒でもこれだけ変わります。

f:id:KonaHawaii:20210312123018j:plain

f:id:KonaHawaii:20210312123106j:image

同じ所を撮ってみました。

 

2011年3月11日、日本の地震による津波がハワイ島まで到達、

午前3時ごろに津波警報が鳴り響き

ハワイ島のツナミ避難地域に住む人たちは全員強制避難させられたそうです。

カイルア湾に津波が来たのは午後1時45分ごろ

防波堤の石垣をぶち壊して

アリイドライブ沿いの店の中まで泥水浸しに

魚はそこら中に打ち上げられ、、

 

カメハメハホテルも床上浸水、

床、カーペット、下水、全部、取り替え

砂が入った庭は植物が全滅

復帰までに何ヶ月もかかっていました。

 

フリヘエパレスは、

夜中に、持ち運び可能な文化財は

持ち出すことができたそうですが

地下室が水浸しになり、古い日誌や写真など修復不可能に

植物も砂を被り、フィッシュポンドは砂だらけ、、

 

1800年代にプリンセスRuthはこの宮殿が気に入らず

ヤシの葉葺きの小屋を隣に作らせ、そこで寝泊まりしたそうです。

地下室付きの二階建ては災害に弱いことを予感していたのか、、、

ヤシの葉葺きなら地震や津波にやられても

また建て直したらいいやん、ですむことを知っていたのか、、

 

f:id:KonaHawaii:20210312123023j:plain

カハルウは10年間修復もせず、、今だにこの状態

ただし、これは津波だけでなく冬の高波のせいでもあるので、

また崩れるのがわかっているからか、

この辺は聖地なので工事ができないからか、、

ここのフィッシュポンドは消えてしまいました。
f:id:KonaHawaii:20210312122939j:image

2020年のカハルウ、この小屋も2011年以来再起不能

カイルア湾も、カハルウ湾もケアウホウ湾も

海中に砂が積もりサンゴもやられました。

 

ワイコロアのアナエホオマルベイでは

フィッシュポンドに砂が入り、

ビーチも一部、数年間閉鎖の羽目に、、

 

ホテルで一番被害が大きかったのは

「コナビレッジ」

キムタクさんを始め、セレブ御用達でした。

「わざわざ田舎っぽいヤシの葉葺き」のハレ(家)が20軒ほど

水に浮いて40m近く移動したそうです。

今だに閉鎖したまま、2023年には再開するそうですが、、

 

というわけであの津波、ハワイではコナが一番酷かったのでした。

でも、日本のニュースが余りにも悲惨で、、🙏🏻

 

津波は「津」で起こる現象

「つ」のひらがなも示唆するような字形。

コナはかつて、カヌーを乗り上げられる「津」だらけ

 

英語では「tidal wave」と訳していましたが、

今や「tsunami」が英語の辞書に載っています。

津波の語り部の方達のストーリー

日本からの発信が世界の人を勇気付けてくれます。

 

津々浦々津波の怖さ伝えつつ

 

一般の住宅では、サウスコナで数軒が流されたそうです。

さて、それはどこでしょう?

 

マーラマ・ポノ🙏  まはろ八百万の神様

まんずまんず今日も生きててよがったね

おかげさま🙏🏻

ありがとさんでした。