KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

ホクレア Hōkūleʻa(カヌーの名)

あろは まい かーこう(皆さんに、あろは)

ペヘア‘オエ? 

f:id:KonaHawaii:20200829112414j:plain

2018年3月カイルア・ピアにて

2014年から2017年、世界あちこち一周を終えた

ホークーレ’ア号がコナのに来た時の写真

船尾にホオクプ(お供え)を飾っています。

私もティーリーフのレイを持って行きました。

教育の一環で一般公開、中まで見せてくれました。

 

2007年には日本女性がクルーの一員に選ばれ

日本のあちこちに寄港しています。

ナイノア・トンプソンが航海長でした。

その後、ホノルルで彼の話を聞く機会がありました。

 

「日本は、海から見る姿が本当に美しい所です。

日本の方は、ぜひ故郷の姿を海から見てみてください。」

と、感慨深げに語っていました。

富嶽百景でもお馴染みですが、富士山は波間からが

一番、綺麗なのかもしれません。

f:id:KonaHawaii:20200829120446j:plain

泳ぎながら、カイルア湾のご来光、

ここからのフアラライ山は富士山にちょろっと似ています。

f:id:KonaHawaii:20200829121036j:plain

Hōkūleʻa の意味は 「喜びの星」

英語でアークトゥルス、牛飼い座で一番明るい星、

それを目指して、古代ポリネシアンがハワイイにやって来たそうです。

 

1976年は、ハワイアン・ルネサンスと言われる画期的な年です。

Hōkūleʻaが、マウイ島のホノルア湾から、31日半かかってタヒチまで古代航法で

たどり着いたのでした。

ミクロネシアの、生き残りナビゲーターであるマウ航法師の元で

朝日、夕陽、星を読み、わずかな睡眠時間で、

エンジンも海図もコンパスも近代航海器具を何も使わず

タヒチに行く、という快挙が成し遂げられたのです。

 

これには「先進国」の人たちもビックリ、

急にポリネシアの文化を見直し始めたのでした。

 

ホクレアは1978年にはモロカイ島沖で遭難し、

エディ・アイカウが行方不明になるという悲劇もあり、

必ず伴走船が付くことになりました。

 

1980年にはナイノアが中心となり、マウのやり方を踏襲しながら

独自の航海術を習得し、タヒチまで往復したのです。

歴史が蘇ったのでした。

 

真珠湾攻撃のすぐ後から、急にアメリカ化され、

州に制定された後は、ハワイ語もハワイ文化も

奥にしまい込み、名前もハワイ語を名乗ることなく

アメリカ人にされていたハワイイアンたちが

アイデンンティティを取り戻すきっかけとなりました。

 

ホクレア号 旅を続けておくれやす

 

f:id:KonaHawaii:20200829130939j:plain

今朝のカハルウ湾、犬かきを終えて上陸したイーリオ君。

波が無くサーファーが1人もいないので、スイマーたちは

この岬の近くまで大手を振って往復。

f:id:KonaHawaii:20200829131733j:plain

カハルウ湾の真ん中。

南半分は波よけ岩に囲まれ、養魚池のようです。

北半分はサーファーズパラダイス。

外へ行く時には、この三角のメネフネ岩を目指して泳ぎ

さらに遠巻きに波の低い所を通り抜けます。

メネフネ岩だけでなく、全部の岩を並べたのはメネフネだそうです。

コナのメネフネは他にどんなことをしたでしょう?

 

マーラマ・ポノ🙏 マハロ ナー アクア 

スイカが美味しいですが、揚げ物の後に食べないよう、、

お腹を冷やさぬよう、、、ご健康をお祈りしています。