KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

ポーポキ その2pōpoki (猫)

あろは かかひあか〜

昨夜は半月に微妙に足りない怪しい光の月でした。

今朝は、starではない惑星planetが輝いていました。

秋の明け空、、

f:id:KonaHawaii:20200924081506j:plain

Natchanと出会ったのはサウスコナのマカダミアナッツ工場

ナッツを買いに行ったら、、

雨の中ずーっと付いて来て追い返せなかったし、

ナッツ屋さんが「猫、嫌いだから連れて行って!」と言うし、、

マックナッツにはネズミが来るので、

猫を飼ってくれると思い、そこに捨てたのでしょう。

毛色もマックナッツ色、、

それで、ナッツちゃん→なっちゃん

ビショ濡れで痩せて見えたけど、よく見るとご懐妊中、

家人にはhumane society に置いて来いと

怒られたけれど、なっちゃんは、もうウチを

安住の地だと決めつけていたのでした。

 

私たちの留守中に、子供を外で産んで1匹ずつ運んで来ました。

最初の1匹と30分以上、お乳をあげ一緒に寝ているので

「ああ、1匹しか育たなかったのだ、自然は厳しい」

と感涙にむせんでいたら、ぷいっと出ていき

2匹目を連れて来て、またずっと添い寝をしています。

「2匹育ったんだ、良かった。それにしても自然は厳しい」、、

 

次から次へと繰り返すこと5回、6匹目を連れに行ったのかと

思ったら、残り者がいないか確認しただけでした。

猫は、数を数えないのでしょう。

f:id:KonaHawaii:20200924081709j:plain

ある日、なっちゃんは左の牙が折れて唇に刺さった状態で

帰って来ました。

獣医さんで牙を抜いてもらうと、すっかり元気になりました。

多分、車に当たったのだと言われました。

f:id:KonaHawaii:20200924083837j:plain

その時に車のライトでやられたのが原因か、は不明ですが

緑内障で目がエメラルドになって

中に飛び込みたいぐらい綺麗な色をしていましたが、、、

ある日、眼圧が高くなったらしく気が狂ったように

なったので、獣医さんに連れて行きました。

「眼球取ったら治るよ」とあっさり言われ、

めちゃビビりました。

手術代を聞いてこちらの目の玉も飛び出しそうでした。

が、右目を摘出したら、嘘のように元気になりました。

拾った猫は、神様からのマカナ(贈り物)大切に。。。

 

5匹の子猫の中の一番小さいのとずっと一緒にいました。

人懐こい性格なのですが、

我が子には、時々喧嘩を売って暴力沙汰になっていました。

 

片目、片牙で、捕まえたネズミは延べ100匹?

推定年齢、22歳

引越しのストレスが大きかったのでしょう。

住み慣れた家や庭から、

内臓を剥がすかのようにベリベリと我が身を引き離して、

新しい家に仕方なく連れて来られ、、

胃潰瘍になったらしく、大量に吐血して、、、

足腰は丈夫で、毛並みも綺麗なまま、

最後に一声鳴いて、私の膝の上で硬くなっていきました。

一陣の風が、海から吹いて来たのを覚えています。

f:id:KonaHawaii:20200924090541j:plain

お葬式の棺、4年前の9月23日

その時一緒にいた友達が「なっちゃんのはなし」

という小説を書いてくれました。ありがたきこと。

 

ポーポキや最後の日まで色っぽき

 

f:id:KonaHawaii:20200924155928j:plain

これは、熱帯シダの芽です。
ハワイでは何と呼ばれているでしょう?

 

マーラマ・ポノ🙏  マハロ ナー アクア

台風の被害がないことをお祈りしています。

読者さま、ありがとうございます。