KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

Bon dance(盆踊り)

あろは あういならー

曇天なれど波低し、

サーファーが1人もいないし

タイミングよく満潮、

カハルウ湾の北の端、

Herman’sまで往復。

昔Hermanさんの所有地だったからでしょう。

カハルウのサーファーが目印にするポイント、岬

 

日本はこれでもか、と大雨が続いたようで

被災地の方のご苦労はいかばかり。。。🙏🏻

 

コナは戦前の1940年頃まで日系人の人口が

全人種の45%以上だったそうです。

アメリカで40%と言えばマイノリティーではありません。

さらに、その内の8割が熊本、福岡出身者の家族

だったと言います。

広島、山口出身者と熊本、福岡では方言がかなり違って

意思疎通がうまくいかないせいで

熊本、福岡の移民をコナにまとめて

牧場の下働きやベビーシッター、洗濯女

などの仕事に振り分けていたそうです。

 

コーヒー園が小規模に分割され日系人に

借すようになってから

家族でコーヒー園の小作農となった人も

増えたそうです。

 

ある年、熊本は八代郡出身の移民の息子さんが2人

相次いで亡くなるという、ご不幸がありました。

翌年、その初盆を記念して一族の人たちが

盆踊りを踊ったのがきっかけだったそうです。

ケエイ本願寺というナポオポオ・ロード近く

サウスコナのMiddleKeei Rd.にあるお寺です。

コナの盆ダンス発祥のお寺。

今年は全て中止、なので回想録

f:id:KonaHawaii:20200712114018j:plain

2年前の写真、、

最近は高校生のディスコとしても機能している

ハワイの盆ダンスです。

ティーンエイジャーが夜遊びに行くところが無いし、、

運転できないとどこへもいけないので、、

この日ばかりは大手を振って10時過ぎまで

はしゃげます。

この真ん中の子のお母さんとお兄さんは

ズンバの先生

f:id:KonaHawaii:20200712114715j:plain

左がママ、着物が兄貴、彼は盆ダンス・キング

ズンバの曲が早すぎてピンボケ写真ですみません。

これはコナ本願寺、ミラーボール付き、ズンバ付き

 

私は自称盆ダンス・クイーン

どこのお寺でも、一曲も休まず3時間ほど

踊りまくります。一つのお寺で30曲ほど

ディスコのように次から次へと違う曲

なので、練習が欠かせません。

体力も、ものをいいます。

誰にも頼まれもしないのに、、、

というわけで盆ダンス中は、写真を撮る暇なく

踊り続けるので、18年の間、写真を一枚たりとも

撮らず、、、

 

4枚の浴衣と3本の帯を組み合わせて

8軒のお寺のハシゴを毎週繰り広げておりました。

帯までびしょびしょになって、、、

 

でも、帯は優れものです。

いくら、汗をかいても、雨に降られても

お腹と、腎臓が冷えることがないのです。

疲れても背筋はビシッと伸びたままです。

Hawiとかでは、にわか雨が多いのですが、

手ぬぐいで頰被りすれば完璧。

f:id:KonaHawaii:20200712120305j:plain

コハラ本願寺の会場の門、怪しい光で飾られ夜の殿堂?!

この地域のフラの大御所一家のママもいらしていました。

クリスチャンの人も踊ったことのない人も

輪の中に入って楽しめるハワイの盆ダンス。

 

踊るのが大の苦手だった私の性格を

豹変させたのも、コナの包容力いっぱいの盆ダンスパワー

f:id:KonaHawaii:20200712121035j:plain

海の方を向いているケエイ本願寺のお墓 🙏🏻

無人のお寺なのでお墓にも勝手には行けません。

盆ダンスの日だけ門戸開放、

夕陽を受けて、、、右はTi leafの木

 墓石に出身地が彫られていました。

八代郡を始め熊本の方が目立ちます。

八代亜紀さんの出身地ですよね。

芸達者な人が多いようです。

 

ここのお寺にはモンキーポッドの木があり

その周りを回って踊ります。

盆ダンス1部と2部の間に、ご馳走がふるまわれます。

 

この一年に亡くなった方々の為に

今夜はお線香を焚いて

カチャーシーとフラ踊ります!

f:id:KonaHawaii:20200712122539j:plain

昨日行ったケアラケクアの家から

海の道と夕日がくっついたところです。

 

マーラマ・ポノ🙏 お大切に

お腹を温めて免疫力あげて、お過ごしください

マハロナーアクア、皆様ありがとうございます。