KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

イム imu(ハワイの蒸し焼き)

はっぴー感謝祭!

爽やかな朝、

まだ陽が昇りきらないうちに

かなり無理して、老体に鞭打って

カイルア湾へ、、

波も流れもなく、気持ち良く漂えました。

タコも見つけられて感謝感激!

 

f:id:KonaHawaii:20211126071805j:image

これは、ロイヤルコナリゾートの

ルアウショーで豚を丸ごと焼く

特大イム。

去年の使われていない時の写真で

草が生えてました。

 

ピアから泳いで来ると、ここからの煙が

見えることがありました。

朝、豚を仕込んだのを、夜のショーで

取り出すのでしょう。

 

f:id:KonaHawaii:20211126072838j:plain

f:id:KonaHawaii:20211126072842j:plain

ウィキペデイアからのパクリ画像

 

1)深さ1mほどの穴を掘る

2)焼け岩をならべ、その上に焼け石を置く

3)石の上に空間を作るようにして枝を並べ

4)肉、周りに芋、魚、野菜

  ウル(ブレッドフルーツ)などを載せる

5)バナナの葉やティで覆う

6)土を被せ、半日から一晩焼く

ざっと、こんな感じの土窯蒸し

ハワイアン・アース・オーブン

(地面蒸し窯)

カルア・ピッグは「穴焼き豚」

カルアのルアはイムののことでした。

 

伝統的な料理方法で部落のみんなで

集まって作り、みんなで食べていました。

カプ制度があった時は、「男女席を同じうせず」

でしたが、、

f:id:KonaHawaii:20211126071819j:plainf:id:KonaHawaii:20211126071812j:image

カハルウビーチにいた七面鳥さん

筋肉質で多分、硬くて食べられた物ではないはず、、

 

昔、買ってきたターキーを

イムで焼いてもらったことがあります。

一晩、塩水につけてから

半日、イムで蒸し焼き

スモーキーでほっこりとしてオノ!

最近はそういう話も聞かなくなりました。

 

それ以外のターキーは私にはイマイチ

味がわからず、、

今日のアメリカ人のターキー食い率は

日本人の元旦お雑煮食い率を

しのぐ数かもしれません。

民族の文化が無いので

みんなで「ターキー+クランベリーソース

マッシュポテトにグレービー、ヤムを食べ

明日は朝イチでクリスマスプレゼントを

買いに並ぶ」と同じことをして

一体感を味わうのですかね。。

 

その分、一人寂しく暮らしていたり

家庭内別居とかだったりする人は孤独感倍増、、

鬱になる人が多いのもこの時期だったり、、

 

f:id:KonaHawaii:20211126071809j:image
フリヘエパレスの近くで見つけたヘ’エ

このあとフリ(ひっくり返り)をして

保護色になりました。

それは、また明日。

 

 和気あいあいチイムワークのイム造り

 

さて、今朝はメアジの若いのの群れを

見つけてひとしきり遊びました。

アクレのヤングさん、

ハワイ語で何でしたっけ?

復習問題でした。

お暇な方は、8月27日の拙ブログをご参照に、

 

マーラマ・ポノ🙏   八百萬の神々に感謝

タコさんとの出会いにも感謝

今日食べられたターキーさん達にも感謝

お読みくださった方にも感謝

めけあろはぷめはな(暖かいアロハを込めて)