KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

カアアヒ Sugarcane Train サトウキビ列車

あろは あわけあ かーこう

カ’アアヒは火の車、「火車」

中国語の汽車ですね。

因みに「汽車」は中国語ではバスのことですが、、

 

コナにサトウキビ畑があったのを

覚えている人は、もういてはれへんかな。。

100歳以上の方、、

f:id:KonaHawaii:20210630100718j:image

名残りの線路跡

枕木の後は多分後からつけたものでしょう。

上手にデザインに取り入れて

高級住宅地のゲートを造ってはります。

 

オノウリというケアラケクア(コナワエナ)

の方から、カイルアまで11マイル=17km

の線路を引いて列車を走らせたそうです。

1899年 The Kona Sugar Co.

という会社が開発を始め

1901年にカイルアのダウンタウンの上に

サトウキビ工場を建設、

ワイアハの764ft.(233m)の高さの場所に

貯水池も造り大規模なビジネスを

繰り広げたのですが

1903年に倒産

 

1916年にKona Development Co.という

東京の会社が買い取ったそうです。

汽車も走らせ

10年間、サトウキビ産業を続けました。

プランテーションワーカーのキャンプ地、

公衆浴場まで造ったとのことですが、

コナの日照りと乾燥にやられて

1926年に倒産。

 

1942年、真珠湾攻撃の後、

敵から見える建物を撤去することになり

(敵は日本のことですが)

工場も線路も、軍が取り払いました。

1944年まで作業が続けられました。

 

サトウキビ畑の段々畑は

15年前ぐらいまで残っていましたが

今は宅地になり

プアラニ・エステートという建売住宅地

その上には「sugar cane lane」

という名の住宅地があります。

 

コハラ、ハーマークア、ヒロには

線路や鉄橋の跡がたくさん残っています。

 

f:id:KonaHawaii:20210630100708j:image

ここは私がよく通る抜け道

サトウキビ列車の線路跡で

両脇が崖の一本道

草が生い茂って崖が見えませんが、

大雨の時などスリル満点

 

理解するのに一苦労の

ピジン看板

「ゴミ捨てフリー(脱ゴミ捨て)やで、お兄さん」

みたいな気持ちはわかります。

 

サトウキビさっときびきび退散し

 

f:id:KonaHawaii:20210630100713j:image
今日のパーホエホエ

観光客が増えて

どこも活気がありすぎ、、

 

カハルウは干潮で

スノーケルできない人たちが

サンゴの上に立ってはるし、、

ハラハラするので近寄らないことに

しています。

 

f:id:KonaHawaii:20210630100722j:plain

6月っぽいかなと、マカニゴルフクラブのハスの花

はて、6月=Juneのハワイ語発音は?

 

マーラマ・ポノ🙏 まはろなーあくあ

ラーアウパウの月が見えるかな。。

みなさま穏やかな7月になりますよう。。

あろはぬい、、まはろぬい、、