KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

Kalij pheasant (キジ)

Happy New Moon Night

マウリからムクになる新月です。

今日は人間に見えない月を見に来る

イルカを見にピアに8時半

思惑通りイルカさん達がいました。

おおきに〜

f:id:KonaHawaii:20210411140036j:plain

昨日の鳥はサントリー

ではなく、、

小さい方のKTAにも日本のウイスキーが並んでいました。

$46も出す人がいるんですね。コナに。。

日本の技術は大したものです。

高いお酒は、厳重に蓋ロックがかかっています。

このカバーは、レジを通る時に外されます。
f:id:KonaHawaii:20210411140253j:image

うちの前で2羽が並んで待っていましたが

車の音に驚いて隠れたところ

メスがオスを守るようにして

逃げて行きました。

 

数日前にも夫婦で来ていて

巣作りの下見かもしれません。

 

プープーバッグの巣では

マイナーバードが孵化していて

可愛い声で鳴いているのが聞こえます。

春、たけなわ。

f:id:KonaHawaii:20210411140031j:plain

ロミロミのお客さんの家に来ていたカリジ

逃げ足遅いので、、

草の種をつついていました。

果物、生姜、虫、と色々食べるそうです。

南アジア原産、なので Kalij の語源もその辺り

コナやマウナロアでは群れを作り

本来のキジとは違う暮らし方に

変わっているそうです。

 

1962年にハンティング用にとアメリカから

コナのPu’uWa’awa’牧場へ持ち込まれました。

最初は67羽だったのが

今は火山の国立公園の2500mの高地まで

生育場所が広がり

数え切れないほど増えています。

 

去年まで標高の低い所では見かけなかったのに

うちのような150m程度の低地にも

来るようになりました。

 

帰ったら、おカリジなさいとキジ迎え

f:id:KonaHawaii:20210411151312j:plain

こちらは裏の牧場に来るオウムでした。

 

f:id:KonaHawaii:20210411140243j:imageさて、この絵は想像で描かれた物、

ロイヤルコナリゾート・ホテルの通路で撮りました。

右の女王の名をご存知ですか。

ハイウェイの名にもなっていますね。

 

今日あたりで、

コナが旅行者で一番混む時期が

終わりかな、、

ワクチン接種済みピープルが

街を賑やかにしている気配も。。

 

もともとコナのレストランの営業時間は

日本でいう時短営業、

テーブル席が一回転しかしない所が

多かったりするので、、

ハワイ島でのレストラン営業は大変そうです。

 

マーラマ・ポノ🙏  まはろ なー あくあ

新しい気持ちで新月を過ごしましょう。

ありがとさんでした。あろは〜