KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

ナーウル nāulu(夕立)

あろは あわけあ

沖縄慰霊の日🙏🏻

牛島大将という沖縄戦の司令官、自決の日

とされているそうですね。

立派すぎる方、、アメリカ軍の降伏勧告を一笑に付し、、

最後の命令が「生きて虜囚の辱めを受くることなく

悠久の大義に生くべし」

当時は、それが真っ当だったのでしょうけど、、

コナの日系人では珍しくない苗字の牛島さん。。

悠久の大義は「生まれたからには生き続ける」

降伏しても、捕虜になってもいいから生きていれば

空き缶で作った三線弾いて

歌って踊って美味し物も食べれたのに、、

 

昨日の朝、5時43分大福寺にて

慰霊の日の天使の羽

右上にポッチリ月が写っています

視力検査、、カーロアクーカヒの月

今月は28日頃が新月

 

逞しく生き続け稼ぎ続けている野菜おばさんが

うちに泊まりに来ました。

彼女の家が一晩、シロアリ駆除のテンティング中なので、

まるで疎開先から欠食児童に食べさせるものを

担いできたみたいな量の食べ物を持って、、

補聴器を忘れて来はったので

一日中、大声で叫び合い、、

そして、夕立が止むと同時に

「オクラは、1日取らないと大きくなりすぎるの」と

そそくさと帰って行きました。

私は喉が疲れ、すぐ寝ましたが

野菜おばさんは、帰ってから農作業

家ではビニールに密閉した食べ物や

皿などの荷解き作業、、疲れ知らずの90歳

 

昨日の出船

「Pride Of America」 3月から毎週水曜日に

カイルア湾に1日中、停泊しています。

昨日は半日、ナーウルの雨に降りこめられていました。

 

ナーウルはカワイハエでは驟雨

コナでは夕立

f:id:KonaHawaii:20220624142155j:image

コナの雨は大抵すぐ止み

太陽にやられそうになっていた植物が

生き返る恵みの雨

ナーウルのウルは、成長する、伸びる

だけど、、ちょっと降り過ぎのこの頃、、

 

夕立は英語でシャワー

今日シャワーツリーの花吹雪が舞っていました。

いろんな色があります。

これはレインボウシャワー

ナーウル・シャワーの後のレインボー(アヌエヌエ)

No rain, No rainbow ハワイの諺

「雨が降らないと虹は出ない」

ポーマイカイ(ブレッシング)の雨

 

ナーウルの優しい雨にコナうるおう

 

あ、雷が鳴り出しました。

フアラーライの女神カホウポーカネが

木槌を叩いてカパを作っている音、、

マーラマ・ポノ🙏 まはろなーあくあ

ポーマイカイ オエ まはろぴは