KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

ワイコロア・ロード東のオブジェ

あろは あひあひ かーこう

 

日本の友達から「これは何?」

と質問が来たのでオブジェの話

オブジェはフランス語由来なので

Objectと言っても通じません。

英語では、decor か deco

この大きいのなら、structure、かランドマーク

ワイコロア・ロードを東にぐねぐね上り

ママラホア・ハイウェイに突き当たる所の、

北の角にこれがあります。

ママラホアからワイコロアに下りる時の

いい目印になります。

一昨日はここを右に(カイルアコナの方)

逆戻りして、

サドルロード=ダニエルK.InouyeRd.へ、、

 

建造:1970年

設計者:Ossipoffオシポフ 

ロシア系の建築デザイナー

1907年ロシアで生まれ、

1909年から1923年日本在住

関東大震災の時にアメリカに移民

1931年からオアフ島に住み

1998年オアフ島にて死去

 

フランク・ロイド・ライト風を踏襲した

自然の光や素材を生かしたデザインで有名

アロハ・アイナのハワイ文化を尊重し

そこはなかとない日本ぽさも感じられます。

1976年のハワイアンルネッサンス以前に

カマアイナ・デザインの強さ、美しさに

注目していた先見の明のある建築家

 

これは、プウ・コホラヘイアウの前にあるレレ

=供物台、釘を使わないハワイアンの伝統的な造形

ワイコロアのオブジェはその木組み

を取り入れたデザインですね。

そして、ヴァ’ア(カヌー)が風を切って

走る時のセールのイメージも木だけで表現
ワイコロアのオブジェはハワイ島の山側の風を

受けて帆走しているように見える、かな、

 

オアフの自然派邸宅の設計者として

最高峰のオシポフの作品が

こんな所に、惜しげもなく

50年も風雨に晒されているなんて・・・

ハワイ島の誇り、と、もっと自慢すべきと

ちゃいますか。。。

いつでも見られる私たち、めちゃラッキー!

ちょうどワイコロアとコナの境界

あたりに位置しているのかな、、

これからは、挨拶をして通りましょ

 

デコールや曲がり角でコールせよ

 

f:id:KonaHawaii:20220518091905j:image
ハレマウマウ#2 昨日のペレさまの明かり
5am=午前5時

 

さて、下の画像はどこでしょう?

エリソン・オニヅカ コナ空港にあるデコ(オブジェ)

でした。  王族のヘルメットの飾りのデザイン

 

そういえば、鬼塚家も福岡出身

嵐のように福岡からやって来た従姉妹ちゃま

怒涛の7日間を楽しみまくり

今朝、ハリケーンのように去って行きました。

よう来んしゃったわ〜

「立つ鳥、跡を濁さず」の文字通りに

ゴミ一つ、髪の毛一本残さず

私の一族とは思えぬ綺麗好き

また、来んしゃいね〜

 

マーラマ・ポノ🙏  まはろ従姉妹さま

お達者で〜  まはろみなさま