KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

ピラウ pilau(汚い、臭い)

あろは あわけあ かーこう

(正午前後の、皆さんこんにちは)

今朝は、ウルトラマン姉さんが

加わりピアで、1.2マイルスイム

ほぼ 1マイル平泳で、のしまくりました。

平泳ぎが得意だったのを、ふと思い出し、、

波が高い時には、クロールとほぼ同じ速さ

やっぱり、今もカエル足は衰えていませんでした。

前世はカエルだったのかもしれません。

フラでもウエヘが得意です。

 

5日のレースに備えて、ピアはアスリートたちが

その鍛えた体からオーラを出してはります。

最後の調整をしているらしきスイマーが多いので、

平泳ぎが一番見晴らしが利くのでした。

 

ポルトガル語を話している10人ほどのグループ

「カリフォルニア在住のブラジル人アスリート」なのだと

サンパウロ出身の水泳仲間が言っていました。

雑誌のグラビアに載りそうな男女アスリートたちでした。

 

アメリカでは、ブラジルも日本も、Covidで酷い状況だと

他の国のことばかりニュースで流しています。

自分の国の死者数は59万人を超えているのに、、

それは、報道されていません。

f:id:KonaHawaii:20210604075200j:plain

多い、と言ってもカイアケアクアはこんな感じ、

ここでは、皆ブイに沿って泳ぐので

「ぶつかり率」が多いのです。

 

この付近がゴミが多く、いつも相棒さんと一緒に

水中ゴミ拾い、ウニの殻にくっついてるプラゴミ取り、

 を、してから上がって来る場所でもあります。

 

グラスボトムボートが出勤して来たり、

サブマリンも出ているようで

2年前の夏休みとあまり変わらない賑わい

屋外は、みんなマスク無しです。

 

f:id:KonaHawaii:20210604075216j:image

パラニ(臭い)という魚です。ニセカンランハギ

これはマニニオーワリ(クアベイ)の過去写真

 カイルア湾にもいるのですが、ピラウで写りが悪く、、

 

今年は、去年、一昨年よりずっと綺麗なカイルア湾

一昨年は週に3回マスターズのトレーニングで

50mほどのピラウ(悪臭)海域を行き来していました。

下水漏れが1番の原因

でも、誰も健康被害なし

水泳は、水中なので汗を感じないけれど

水圧で皮膚が押されているのもあり

毛穴から、かなり解毒していると思われます。

明後日のホヌ・レースもアスリートは

解毒しまくるので大丈夫かと思います。

 

f:id:KonaHawaii:20210604075205j:image

路肩や人の家でも良く見かけるピラウ風景

そのうちタイヤも全部無くなるはず、、

フード(ボンネット)がまず先に無くなります。

 

f:id:KonaHawaii:20210604075231j:plain

ケエイビーチのオパラ(ゴミ)の過去写真。

日本からの友人が拾ってくれました。

ホームレスさんや釣り人が、余りゴミ処理を

考えずに行動しているのがわかります。

 

ピーラウを汗かき ひーらう厄落とし

 

ハワイ語は、ちょっとした隠語のように

ロコの英語の中に登場します。

ピラウ、カープル、ププレ、ローロー、

オパラ、ピリキア、カーカー、、、、

英語で言うと汚く聞こえる言葉が

ハワイ語だと、間接的だし、観光客にもわからないし

 

と言うわけで、日常使用頻度が多い

便利なハワイ語は悪い言葉だったのでした。

日本語ならシーシー、バカタレ、バチ、オバケ、、

でも、おかげさまで最近はスシ、サケ、ショウユ、、

などが幅を利かせてくれています。

f:id:KonaHawaii:20210604075208j:imageこの鳥が巣立ち始めた、今日この頃、

成鳥はどんな色でしょう?

 

カーロアの月、半月が欠けていく

月の出が午前様、の7日間

日の入りは7時過ぎになりました。

 

マーラマ・ポノ🙏  まはろ なー あくあ

汗を滝のようにかいて要らないものを出しましょ

平泳ぎ1時間で疲れたのでお昼寝しましょ、

モエモエ。。

読んでくれはって、おおきに〜