KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

カオナ kaona(詩の隠れた意味)

あろは まい かーこう

月が綺麗ですね、アクアの月

今朝は5時ごろに月が沈み、干潮の8時過ぎにカハルウに入りました。

満月が出ている時に動いている小魚たちが

ちょうど寝入った時間帯だったようで

まぶたが無いし、動きが鈍いだけで、寝てるとは言い難いけど。。

普段動きの速い魚の写真が楽に撮れてラッキー!

f:id:KonaHawaii:20210225161805j:image

フムフムヌクヌクアプアアもゆったり円を描いて新居を物色中?

去年の5月6月は産卵/子育てシーズンだったのか、獰猛になり

おそいかかって来ていたのに、最近はの〜んびり

 

海も川も毎日変わるし、魚の動きも変わるものです。

地図に描いてここが海だ川だと言っても、常に変わっているので

線を引くのは、もともと無理な話なのです。

 

f:id:KonaHawaii:20210225161745j:image

ハウの花。朝、開いたときは黄色で夕方オレンジに変わります。

 

ハワイイアンの歌によく出てくるのが花=プア。

歌の中でのプアは可愛いもの、恋人、女性の意味であることが多く

上手なフラダンサーは花を手で作る時、「愛おしさ」が顔や仕草から

かもし出てきます。

 

ラウハラの雄花、ヒナノは男性の望みの象徴

カイナニ・カハウナエレさん作詞作曲の

♪カ ヒナノ オ プナ♪、、ヒナノの花の歌ではなく

プナの香り高いラウハラ、祖父母の愛、ペレのドラマ

と何層にも伏線がある歌のようです。

 

カイナニさんといえば、27日土曜日KahiluTV ライブがあります。

ファンの方は、ぜひ!有料ですがシアターの維持にも繋がるので、、

 

f:id:KonaHawaii:20210225161738j:plain

本物の写真が撮れなくて残念ですが、、

イイヴィポレナという固有種の鳥、絶滅危惧種

この鳥の名はハワイアンソング(メレ)によく出て来ます。

嘴が細く曲がっていて、花の芯にピッタリはまり、花の蜜を

吸う様子は恋の成就。赤い色は情熱、欲望、、

絵になる鳥です。

メレは口承で伝えていくものですが、視覚化しやすいものが

後世に残って行きます。フラはその具現化を手伝う通訳。。

 

レフアの花も絵になります。

ハワイ島の花なので、レフアが出てくればハワイ島の歌であることが多く、

人間を表すこともあります。

 

カオナに性愛が歌われていることが多く、、

ハワイアンの価値観は、すべての生命が種を存続させ

世代を交代させ、宇宙のバランスを保っていく、ということ

 

枕詞や掛詞のようなものが出てくる歌詞も多く

「オカパーコーナネ」とくれば「アカマヒナ」と続き

満月を歌ったもの、カオナは、気持ちの膨らみ、最高潮

 

山やヤシの木、そびえ立つものが出て来たら

そそり立っている物を歌っているのかな。。とか

色んな想像を巡らすと

メレが数倍、ヒヒヒと楽しめます。

 

ニコニコのかおなら任せてハワイアン

 (これは伏線で笑顔に騙されないようにという意味だったりして)


f:id:KonaHawaii:20210225161750j:image

漢字は、歌を視覚化しやすいですね。

この書はコナにある物です。

85年前の2月26日に亡くなった、もと総理大臣の揮毫

さて、どなたのでしょう? 日本史の問題でした。

 

マーラマ・ポノ🙏   まはろ なー あくあ

ハワイアンソング、買おなー 

満月を楽しんでください

おおきに〜