KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

ポロリア pololia; jellyfish (クラゲ)

あろは かかひあか! 

今朝はロノからマウリになる消え入るような月、

のはずでしたが、寝坊したのと曇っていたのとで

見えませんせした。

毎朝、5時起きで頑張っていた17年間

Covidのお陰で、プールも坐禅も行かなくてよくなり

怠け者の本性丸出し、マイペース。

ロミロミと家庭教師の仕事は細々ながら続けていけるし、、

おかげさま🙏🏻

 

でも、働き盛りの方々や、家族を養う糧を断たれた方

若い方たちは大変ですね。すみません。

 

今日は海の月、海月の話。

中国語は水母、

ハワイの考え方も最初の生物の始まり

水生動物そして哺乳類の母という存在

 

昨日は、10人ほどのスイマーが通った所を辿って

岸に戻っている途中

右目の隅っこにちらっと何やら見えかくれ、

魚にあるような「気配」が無いし、、

いきなり「いる」ので、、

「暗気...くらけ」が語源だと、その時納得した生き物

私は集中力が欠如し、視野が広く

真っ直ぐ泳げずジグザグ泳ぎ、

注意力散漫な私にだけ見えたようです。

脳がふわふわで、同類に近いのもあるかな。。。

この子は優しそうなポロリアさん。

f:id:KonaHawaii:20210117013707j:image

こちらもプカプカと、、5枚ほど撮らせてもらっていたら、、

f:id:KonaHawaii:20201114021919j:plain

ホヌさんが、いきなり忍者泳法で登場。もう口が開いていますね。

 

f:id:KonaHawaii:20201114022046j:plain

食べたら面白いから「お食べ」と京都弁で言ったら、、

食いつきはりました。

(言わなくても食いついてたけど、ね)

 

クラゲが動かないので、ホヌも大して動きません。

Tall兄さんを呼び、、、

ちょいと遠くを泳いでいたマダム・バタフライを呼び、、

超上級スイマーの彼女は、二人が立ち止まっている所に

すでに注意を向けていました。

f:id:KonaHawaii:20201114022130j:plain

ホヌの朝食観察。

かじられクラゲは、浮けなくなって沈んでしまいました。

 

ポロリアをホヌ落っことしポロリやん

 

クラゲを見ただけでもサンクスギビングなのに

ホヌの捕食が見れたのはクリスマスプレゼント

それを水泳仲間と写真に撮れたのはお正月!

余は満足じゃ! マハロケアクア、カナロア様🙏🏻

 

クラゲはスイマーにとって一番の敵。

サメにやられた話は聞いたことがありませんが、

クラゲに刺されることはよくあります。

 

一番ひどい話は、ケアラケへ高校、女子生徒の

単独モロカイ海峡横断の過激遠泳。

私たちのコーチ、スティーブが横で励ましていたので

カツオノエボシに半身を刺された激痛に耐えながら

横断を全うしたのです。

何しろ触手が長く、一瞬で巻き付くので

剥ぎ取った時には、もう遅いのです。

電気クラゲというヤツです。

 

私も23年間で、一度やられました。

手に紐が巻き付いた、と思った瞬間、激痛

でも、泳ぎをやめるわけにいかないし

カツオのエボシの15cmほどの足(触手)一本だけ

だったので、平気でした。

家に帰って熱ーいお風呂に入ったら完治。

 

みんな、氷で冷やそうとしますが、

原始生物は熱に弱いのが多いのです。

カビも熱湯をかけると生えません。

多分、新型コロナも同じ、かもです。

熱いお風呂に、熱燗、鍋!

日本人よ!熱燗を忘れないで! 

窓を開けて。。湯気に包まれて、、

 

f:id:KonaHawaii:20201114035104j:plain

さて、これは何でしょう?

 

マーラマ・ポノ🙏  

ふうふうアツアツほくほくに、お過ごしください。

クラゲのように脱力して、、

どこにも行かなくても、ノロマでも大丈夫。

まはろ なー あくあ。まはろ読者様!