KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

ピハ piha / pīhā (満ち溢れる / キビナゴ)

Aloha piha!!

11月=Nowemapa ノウェマパ になりました〜

元気で1ヶ月が過ごせたことは、ありがたいことです。

f:id:KonaHawaii:20201102142641j:plain

今日の夕焼け、日没が5時50分を切りました。

秋の夕暮れ雲は、面白い色が出てきて目が離せません。

♬  i piha me ka hau'oli 〜〜♬(幸せに満ち溢れている)

♪プアマナ♪ の歌詞の最後の部分でした。

空全体が染まるひととき。。ピハ!

f:id:KonaHawaii:20201102144528j:plain

キビナゴの一種でハワイ語では「ピーハー」

今年はコナ・コースト全体に大発生しています。

これはケアウホウ のシェラトンホテルの脇、数百mに亘って広がる群れ

溢れるようにいっぱいいるからピハかなと思ったのですが、

pīhā とカハコーがつくので意味が違うのようです。

でも語源は似ているような、、いっぱい、目一杯、、

f:id:KonaHawaii:20201102150011j:plain

カハルウのリーフの外にもたくさんいます。

濁っている所にたくさんいるので、なかなか写真が撮れず

これは見えにくいのですが、、ちょこっと写っています。

f:id:KonaHawaii:20201102151433j:plain

カイルア湾のキングスブイの近く。

ピハを追いかけるナンヨウカイワリと、オキザヨリ

どちらも何十匹という単位でぐるぐる回っています。

私たちがボヨヨーンと浮いているとイカダかなんかと思い

寄らば大樹の陰、と魚達が集まって来ます。

ピハは数百万いや何千万、チリチリ動きながら

逃げ回っていました。

 

f:id:KonaHawaii:20201102155135j:plain

キイロハギびっしりの群れが

コナ・コーストのあちこちで見られるようになりました。

水槽観賞魚の捕獲が禁止されてから、キイロハギ達が復活しました。

潜らなくても陸上から群れが見える場所もあります。

 

昔は色々な会社や店で、熱帯魚の水槽を置いて

目の保養にしていました。

今は、水槽を置いていると逆に流行遅れとみなされます。
人間の欲を満たすと、海や生態系は満たされなくなったり。。。

 

こちらでコーヒーなどを出されると

なみなみと注いでありミルクを入れると溢れそうに、、

日本は7分目か8分目しか注がないのが普通

美意識の違い。。大盤振る舞いがいいと思う文化と

余白に美を見出す文化

 

満月より、ちょっと欠けてる月を愛でたり

開く手前の花を美しいと思ったり

腹八分もやはり美しいのでしょう。。

食べ過ぎたらあかんで〜〜

 

耽美派にピハは美意識欠けるかな

 

さて、wehewehe という面白い単語があります。

どう言う意味でしょうか?

お暇な方は7月13日の拙ブログをご参照ください。

 

 腹も心も幸せも八分目ぐらいが良いかと。。。

マーラマ・ポノ🙏  まはろ なー あくあ

皆様、まはろ ぴは〜 め け あろは