KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

ピジン英語 Pidgin English

アロハ カーコウ 皆さんこんにちは

Howz it?🤙braddah、sista

f:id:KonaHawaii:20200824110005j:plain

涼しげ寂しげ首かしげの濡れ雀、雀の一種のハウス・フィンチ

シャワー(夕立)の中パートナーを待っているよう。。

f:id:KonaHawaii:20200824110723j:plain

朝露に濡れたガーディニア、八重のクチナシ

マウカの知り合い家の庭で

f:id:KonaHawaii:20200824111050j:plain

カイルア湾、ポールアレンの別荘、水面から撮った砕け散る波、

8月は潮位が高く土用波みたいなのも来ます。

本当の高波は1月2月頃、、

Water dropシリーズでした。

涼んでいただけたら幸いです。

 

タイのマッサージオイル「Green Tea」をもらったので

つけてみたらTea tree oil が入っているようで、すごい清涼感!

どこがグリーンティーやねん、です。 tea 違い。。。

言葉は伝言ゲームのように変わっていきます。

 同じ民族でも変わるので、外国語なら、なおさらです。

 

ピジン・イングリッシュについて。。。

ピジンはビジネスの中華系訛り

チャイニーズ系の商売人が

船に乗り込み、太平洋を渡り、品々を売ったり買ったり

また売ったりしていた時、

「ビジネスしましょ」の意味で連呼して

ビジネスピジネスピジネ「ピジン」 となったそうです。

 

ピジン英語が公用語になっている国は、パプア・ニューギニア。

方言の違いがありすぎて、共通語がないので国語にしたそうです。

ハワイアン・ピジンで食べ物を表すカウカウ。

 中国語語源だと言われていますが、音的に中国語ではないような、、

パプア・ニューギニアで食べ物のことをカウカウと言います。

元はサツマイモのことだそうです。

主食の芋と言葉が、ハワイまで流れ着いたのでは、、

「カウカウ」発祥の地はパプア・ニューギニアかなと

私は勝手に想像しています。

 

中国商人が片言英語を太平洋の島々に広めると同時に、

ハワイのプランテーションではアジア、ポルトガル、

プエルトリコetc. と色々な移民が会話をするのに

文法や発音にこだわらない英語が使われていて

混じり合って今のピジンになりました。

f:id:KonaHawaii:20200824113629j:plain

ハワイの有名なメーカーで有名なピジン英語、ダーカイン

 

Dakine =That kind = とか、、みたいな、、

 ほら,あれ、、(やたら使う)

Howzit Braddah ハウズィッブラ=How is it, brother?

 = どないですか、兄さん?

bumbai バンバイ = by and by ( ? ) = あとで、

 そのうちに、だんだん、また今度、、

 と言って、ていよく断る時もある

humbug ハンバグ =hum bug虫が煩い(?)

 =めんどくさい

mo’bettah モベター=more better =ベター、良い

grinz グラインズ =歯を擦り合わせる=食べる、レストラン

broke da mout ブロークダマウッ

 =口が壊れた→めちゃ美味しい

 Kailua-Konaに「Broke da mouth Grindz」

 というレストランがあります。

 No more =お店で商品を切らしている時に

 言うのが本当だけど、もともと、置いていなくても、

 言ってることがわからなくても、これで済ます。

nebah mine=never mind=気にしないで

 

ピジンでも美人が話すとモーベター

 

f:id:KonaHawaii:20200824140918j:plain

猫が踏んじゃった15年前のタンクトップ、

汚くてすみません、メーカーの名前です。

さて、どういう意味でしょう?

 

f:id:KonaHawaii:20200824144913j:plain
 マーラマ・ポノ🙏  マハロナーアクア

唾は1番の薬です。酸っぱいものを食べたり

耳の下をゆっくり指圧したりして、唾をたくさん出しましょう

もうすぐ半月、もうすぐ秋。。。

お読み下さってマハロ ア ヌイ ロア!