KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

カハカイkahakai (海辺)

あろは〜!

また、明け方小雨、小鳥の一声で

ピタッとやみましたが、月が沈む姿は見られず、、

 

カイルア・ピアは青粉は無くなったけれど

バクテリアレベルが高いので敬遠。

今日もカハルウの天然水族館おばさん競泳。

まず湾内を2往復、

昨夜食べたエンチラーダが応えていて、体が重く感じます。

エンチラーダ、エンヤコーラ!と食い過ぎを悔いながら、、

今日は外海に出ようとフィンを履いて来ました。

f:id:KonaHawaii:20200608104118j:plain

穏やかでサーファーも少ないので、リーフの境目の大岩の間でウロウロ

70才クプナ・ワヒネtutu(おばあちゃん)の脚線!も水も

感動的に綺麗! 底の方にいる亀を見たけれど、私たちの影を見て

岩の下に潜ってしまいました。多分この子です。

f:id:KonaHawaii:20200608105210j:plain

外海で見ると小さく見えました。

カハルウは潜り浜と書きましたが、カハは場所という意味なので「潜り場」

カハカイは海の場所、海辺、

 

カハカイ・エレメンタリーという小学校が

カイルアとケアウホウ の真ん中、アリイドライブの近くにあります。

浜辺小学校、そういえばコナの学校で一番、海に近い所にあります。

 

ケカハカイ州立公園が、空港の北にあります。

マハイウラビーチ、マカラヴェナ、クアベイまでずっと続く海岸のことです。

ケはTheなのでザ・ビーチパークという意味なのでした。

f:id:KonaHawaii:20200608112731j:plain

足長おばさん、早朝のクアベイ(本名マニニオワリ)

顔を出したばかりの朝日を背に、朝凪の時

水泳の大会の前に張り切って早く出かけたのでした。

コナで1、2位を争う綺麗さの白砂ビーチ

大抵、朝8時過ぎから波が高くなります。

f:id:KonaHawaii:20200608113019j:plain

魚はやっぱりカハルウです。おとといのポンコツ写真が少しマシになったけど

尻尾が全部撮れてませんね〜

 沖縄でイラブチャーと言われるブダイの一種、

 

カハカイといえば、、

♪ウリリ ホロホロ カハカイ エ〜♬ がリフレインでしつこく

出てくる歌があります。IZで有名になった♪’Ulili E

浜をホロホロするウリリ鳥(磯シギ)を描いた民謡です。

f:id:KonaHawaii:20200608113909j:plain

干潮のカハカイを見ながら、ベンチでブランチしました。

シギも千鳥もいなくて、雀がやって来ました。

相棒さんのご主人は会社に行って仕事をしているそうです。

日曜日で誰もいないから仕事がしやすいのかもしれませんが

この気持ち良さを一緒に楽しめないのは残念!

カハルウ湾へ行く時は、こんな干潮の時を避けてくださいね

 人間の足にもサンゴにも危ないので、、

 

昨日はハプナビーチでプロテスターたちが

サーフボードに乗って、海で円陣を作って

デモをしたそうです。ヒロでもたくさんのプロテスターが

道路脇に立っていたようです。

 

今日の月はクル、だんだん欠けて来ているはずです。

ここ数日、日没はずっと午後7時2分。

 

カハルウを泳ぐ時、北に向かうと朝日が眩しすぎるので、

いつも2拍子で右側だけの顔上げを

腕のかきのリズム「一二、三」と三に変え

 左右両側で息継ぎします。

 

みぎ、ひだり、カハルウがわるの息継ぎなり

  (ちょっとしんどかったですね。溺れそう、、)

 

マーラマ・ポノ🙏   まはろ! おおきに〜