KonaHawaiiのブログ

ハワイ島コナの自然とハワイの文化、徒然なるままに

’Ōhaiʻula, Royal Poinciana (鳳凰木)

Happy バスティーユ・デー

1789年のフランス革命記念日

東京に住んでいた頃、近所に

キャトーズ・ジュイエ(7月14日)という

ケーキ屋さんがあったので覚えています。

日本のケーキはフランスで食べるのより

美味しいという人もいます。

アメリカは、ヨーロッパから味覚的に

めちゃ遠く離れています。

 

f:id:KonaHawaii:20210715093349j:plain

「Royal Poinciana 通り」の木も赤々と
咲き始めました。

アリイドライブからLakoへ抜ける道

 

前に住んでいた家には、この木があり

華々しくて明るいのはいいけれど

ドライブウェイに落ちる葉の芯(小枝)を

毎日、掃き集めるのが一仕事

2・3年に一度は$1000(10万円)ほど払って

剪定してもらうのも大仕事

種がブーメラン状、50cmちかい鞘になるのにも

ちょっと手をこまねいたり、、

f:id:KonaHawaii:20210715093357j:image

人様の家のを見て楽しむに限ります。

こんなヒラヒラの花から、どうやったら

あのデカくて硬い鞘になるのか、、、

神技です。

 

マダガスカル原産で世界中の熱帯、亜熱帯に

広がっています。沖縄でも見ました。

北マリアナ諸島自治連邦の木

そういえばグァムにもあったような、、

 

ホウオウボク バチカン市にもおわします

    (法王違い)
f:id:KonaHawaii:20210715093401j:image

シーズンが終わったと思っていたライチー

また、たくさんいただきました🙏🏻

少し楕円形、

贅沢に、汁を吸って実が少しついたタネを

ぺっぺ吐き出す、

オランウータンに習った方法で食べると最高

オランウータンがランブタンを食べる時

一瞬しゃぶるだけであとは吐き捨てていました。

種の周りに渋みがあるから

そこに触れないように、、

昔、ボルネオに行った時、学習しました。

南国贅沢食い

 

f:id:KonaHawaii:20210715093405j:plain

ストロベリー・パパイヤも甘味が増し、、

マンゴーは落ちているのを豚より先に

見つけました。ウチのにしては上等な味

 

f:id:KonaHawaii:20210715093352j:plain

マウイネーネは間食をしないし甘い物も

食べないので、付き合って我慢していましたが

今日はmeijiのLucky Stickを見つけて

3分で完食、、、

続いてコナ・ポテトチップを一袋完食

 

ここ数日水の事故が多く、

サモア系の男性がカウに

釣りに行って波に呑まれ、

助けようとしたトンガ系の人も

犠牲になったそうです。

二人ともコナの人。。

溺れている人を見ても、

決して飛び込まないように!

まず911に電話

次にクーラーボックスを探し

溺者の手の届くところに投げる

浮き輪や板やロープがあり、

人手があれば助けることを考えてもいいけど

お祈りを捧げるしかないかも。。🙏🏻

 

溺れずに、はるばる海を渡って来た物も

あります。プナに37年かかって流れ着いた物

はて、どこから来た何物でしょう?

 

マーラマ・ポノ🙏  まはろ なー あくあ

今日も無事に過ごせそうで、ありがたいことです。

お読みくださった方もありがとうさんでした。

 

 

 

 

 

LavaTree State Monument 溶岩樹形州立公園

あろは あういならー

水無月になった途端、

雨が降らなくなりました。

 

7日間、運転手兼飯炊き婆さんをして

友達が去ったら、どっと疲れて爆睡昼寝

 

一昨日、ヴォルケーノの帰りに

プナのパホアに寄ってみました。

平日は渋滞がひどい道も、

日曜だったのでスムーズ

信号の代わりにロータリーになっている

交差点が2箇所できていました。

コナよりも道路事情が進んでいて

ハワイ島予算の東高西低を見た感じ。。

 

ポホイキへ行く道は2018年の噴火で

遮断されていて、その手前の

ラヴァツリーの公園へ、、

 

23年前に行ったっきり

公園のトイレが、悪戯で鏡も便器もめちゃくちゃに

破壊されているのを見て

ハワイ島初心者だった私は、ショックを受け

写真だけ二枚ほど撮って立ち去ったのでした。

 

ラヴァツリー見に行きビビるラバトリー

 

州立公園の中では過疎化イチバン

を誇っている様子

アジア系の観光客とすれ違ったのと

ホームレス風の二人組がいただけ

すっかり寂れていました。

f:id:KonaHawaii:20210714133821j:image
f:id:KonaHawaii:20210714133816j:image

今や、ドラッグ・ピリキアの人も見慣れ

公衆トイレに鏡がないのは普通とわかり、

どこかが壊れているのにも慣れ、、、

寂れ系好き、人混みダメの私には最高の場所。

7時から6時半までゲートが開いています。

 

マナの塊のラヴァツリーは一見の価値あり。

ウルへというシダが地面を覆い尽くし、

オヒアの木を潤していたので

溶岩(ペレ)も食べ残しをしたのでした。

 

17、18世紀の噴火で流れた溶岩

この水分の多い低温の幹は

溶岩から気化熱を奪う力と

強い根の力で、根元が生き残り

ミネラルの塊となっていました。

 

日本にも富士山の麓などにあるそうですが

大体が木が焼けた跡の洞穴となっています。

f:id:KonaHawaii:20210714133904j:plain

水気の多い、太いオヒアの木に縄状に

巻きつき、そのまま冷えて

文字通りの「立ち消え」溶岩。

枝や地面を燃やしたペレも

瑞々しい太い幹は

食べ尽くせなかったのでした。

f:id:KonaHawaii:20210714134659j:plain

オヒアの花のレフア

昔、パホアはレフアの花でいっぱい

だったと神話でも伝えられています。

 

プナは泉という意味、

地面から水が湧き出ている所も

多いようです。

 

パホアの小さなダウンタウンは

可愛く健在でした。

2018年のペレも避けて通ったのは

ペレに優しい人たちが多い地区だからか、、

また、日を改めてパホア散歩をしてみましょ。


f:id:KonaHawaii:20210714133811j:image
昨日のホノコーハウ湾のサンセット

f:id:KonaHawaii:20210714135407j:plain

昨日の三日月

今日は火星、金星、月が近くに並ぶそうです。

クーカヒからクールアの月

f:id:KonaHawaii:20210714133859j:plain

木から落ちた花、

さて何の花でしょう?

 

マーラマ・ポノ🙏 まはろ なー あくあ

体も心も瑞々しくありたいものです。

まはろあぬいろあ〜

 

キラウエア Kilauea (火山の名)

あろは あひあひ かーこう

昨日は久々にキラウエア火山まで

足を延ばしました

「朋、遠方から来たる」のきっかけがないと

出歩かない出無精者の私。

2018年9月に火山の国立公園が営業を

再開した日に行った時は

軍の宿泊施設までしか行けず、でしたが

先月からジャガーミュージアムの横まで

道路が修復されて開通

 ハレマウマウ火口の近くまで

行けるようになりました。

f:id:KonaHawaii:20210713150506j:image

2013年のハレマウマウ

f:id:KonaHawaii:20210713150525j:plain

昨日の写真、2013年にカメラを

構えた崖は崩れ落ちていました。

 

噴火は5月に終息宣言されましたが

火口が変貌を遂げていてびっくり、、

蓋が閉まって、横に大きく広がっって

 

f:id:KonaHawaii:20210713154528j:plain

海側の方にプチ・グランドキャニオンが

できかけていました。

 

f:id:KonaHawaii:20210713150529j:plain

ヴォルケーノハウスからの望遠、

右側はすり鉢が巨大になり、、

f:id:KonaHawaii:20210713154532j:plain

左は新しい山肌が露わに、、

焦げた溶岩の跡も生々しく


f:id:KonaHawaii:20210713150516j:image
全く違う場所のように、変わっていたのでした。

 

f:id:KonaHawaii:20210713150538j:plain

諸行無常、、、Nothing stays same、、

明日ありと思う心の仇桜

夜半にペレ様が火を吹き大地を

かじったり溶かしたりすれば

朝の景色は、別世界

 

煙が見えないのは寂しいし

赤いドロドロが見えてた時代が

過去のものになったのは

懐かし過ぎるけど、、、

 

穏やかで平穏なのはいいことなのでしょう。

ペレ様、おつかれさま

しばらくお休みください。

 

「キラウエア」の意味は「噴出する」

マウナロアの火山で一つの独立した山と

呼ばない人もいます。

 

ビジターセンターは入場者制限をしているので

順番待ちの人の列ができているし、、

 

イキ火口のハイキングも

観光の圧巻になっているらしく

駐車場に入る車が並んで待っていました。

今までハイキングをしている

アメリカ人を見かけたことが

あまりなかったのに、、

最近はアウトドア系で

ハワイ島をワイルドに観光している

人たちが増えているようです。

 

サーストン溶岩洞窟も通れるように

なっています。

 

チェーンオブクレーターロードを

下まで下り、ホオレイのシーアーチを

見ようとしたら、海側は立ち入り禁止になっていました。

 

残念やね 火山の噴火 嫌うえ〜

 

f:id:KonaHawaii:20210713163016j:plain

さて、これは何でしょう? 火山に関係ありです。

 

昨日今日とハワイ島の新規感染者が

二桁になっていて、

大騒ぎしていた去年より

ずっと多い数字ですが、

ニュースにもならないし

皆、平然と遊んでいるような、、

私はずっと変わらず

のほほーん状態ですが、、

 

マーラマ・ポノ🙏  まはろペレ様

暑中お見舞い申し上げます。

汗を流してデトックス

ありがとうさんでした。

ハーハールア hāhālua (マンタ)

あろは かかひあか かーこう

ぺへあ こう ぴこ?

おヘソのご機嫌はいかがですか?

 

一昨日はイルカのおしゃべりや

じゃれあいの仲間入りをさせてもらい

昨日はマンタ二枚の乱舞を1時間以上

観劇させてもらい感激

興奮冷めやらず、今朝は4時に目が覚めました。

 

日本では沖縄の小浜島に行って

ダイビングツアーでやっとのことで

一枚チラ見したり、くらい珍しい生物

でしたが、、

コナでは、岸から数分泳ぐだけで

見られることがよくあります。

f:id:KonaHawaii:20210712003821j:image

このお腹の模様で個体識別ができます。

コナのマンタには大抵名前がついているようです。

f:id:KonaHawaii:20210712003805j:image

この子は右のフィンが折れていて

よく見ると尻尾も千切れています

去年も2回ケアウホウで会っています。

アマンダという名前のメスだそうです。

 

ダイビングフラッグを引きずっている

シュノーケラー二人がいたので

何を見ているのかと

視線を追うと・・・

まず、アマンダの折れたヒレが

真っ白く光って見え、次の瞬間

マンタだ!おおきにっ、、

 

マンタはスペイン語のマント

日本語のオニイトマキエイは

糸巻きのような口をしているからかな。。

鬼はデカさの形容

ハワイ語のハーハールアは二つの口の意味

 

f:id:KonaHawaii:20210712003810j:image

マンタのハグ。二枚重なって遊んでいます。

上の子は名前不明ですが、

尻尾が曲がり、その付け根に切り込みがあります。

どちらも障害マンタさんでした。

 

去年見たアマンダをエスコートしていたマンタは

もっと大きく無傷でした。

 

f:id:KonaHawaii:20210712003816j:image
f:id:KonaHawaii:20210712003813j:imageマウイのネーネ、至福の時を過ごしたそうです。

彼女はコナのマンタと泳きたいっ

と言っていたけど

私は、一日二日で簡単に会えるものではないよっ

と諭していました。

 

ケアウホウのハーバーから入り

5分ほど泳いで

ヘエイアベイに向かう途中でした。

 

最高に楽しんだ朝を、

マンタさんありがとう!!

 

ハーハールア写真を壁にハー貼るわ

 

さて、今日は火山国立公園に行きました。

火山の名前は何でしょう?

ハワイ島ビギナー質問でした。

 

マーラマ・ポノ🙏  まはろ なー あくあ

半日運転して疲れたのでこの辺で

おやすみなさい。。

あ ふい ほう

おだやかな旧暦の水無月でありますように

まはろ あ ぬい ろあ〜

 

 

ヘ’エイア ベイ He'eia Bay

あろは あういならー かーこう

どんより空の昼下がり

3日連続で泳ぎまくり

 

昨日は、ナイア(イルカ)の写真を

150枚ほど撮ったと思ったら

それも友達と一緒に遊んでいるところ。。

あれ、無いや・・

で、目の前真っ黒

新月で夜も真っ黒

 

でも、今朝は、また明るく

再出発、元気に海に行って来ました。

夕べ、カンパチのカマを2つ食べたら

上腕2頭筋と三角筋が盛り上がった感じ、、

ほんまかいな?。。

f:id:KonaHawaii:20210711125254j:image

ケアウホウ湾の北のポケットにある

ヘエイアベイ、昨日は干潮で

こんなアーチがあるのを発見

穴から、シェラトンホテルが覗けます。

 

ヘエイアは「サーフィン」

「波に持っていかれる」みたいな意味

カラーカウア王は、この場所が気に入っていて

御用達だったようです。

ホノルルからたびたび船でやって来ては

コナの別荘に滞在し、ここでサーフィンを

してはったそうです。

 ホノルルからはノースショアとかより

コナの方が船で行けて楽だったのかも

しれません。

 

その昔は、ホールア(そり滑り)で

山から滑って来て、そのまま

この湾に、そりごと飛び込むという

遊びもあったそうです。。

f:id:KonaHawaii:20210711125240j:plain

「カナロア」というコンドに突き当たる道の手前

この看板が目印

マーラマ イ ケ カイ「海を守りましょう」

カナロア前の駐車場に車を駐めて

(私は人様の家の前に駐めてしまいました)

裏道をちょっと入るとヘ’エイアベイ

f:id:KonaHawaii:20210711125232j:plain

荒れている日はこんな感じ

サーフィン日和

泳ぎに行ったのですが、怯んで戻って来ました。

 

f:id:KonaHawaii:20210711151247j:plain

 荒れた日が続いたのでゴロゴロ石が

 積み重なって、昨日は

ビーチが歩きにくくなっていました。

 黒砂さざれ石海岸


f:id:KonaHawaii:20210711125244j:image

フィッシュポンドも残っています。

石垣が修復されています。

クレアナでケアをしている人たちが

いるようです。

干潮の昨日は水が干上がっていました。

 

f:id:KonaHawaii:20210711125235j:plain

前の海は透明度、透視度も良く

こんな感じで潜れます。

昨日みたいにイルカが来て、ずーっと

遊んでくれることもあります。

そうそう、昨日はこのマウイのネーネが

ゼブラウツボを見つけてくれたし、

ホヌもいたし、、

 

海岸自体がヘイアウ(聖域)となっている

ような、パワースポット

でかい岩が真ん中に鎮座しています。

 

オアフのカネオヘにもヘエイアがありますが

サーフィンができるのはコナのヘエイア。

 

「Kapa」が歌ってヒットした

♪アイア イ ヘエイア ラ♪で始まる

名曲のワヒパナ(謂れのある土地)

フラ・カヒコのスタンダード曲の一つ。

 

コナの住民でも行ったことがない人が

多いかな。。。

コスコとかで時間を使わず

こういう史跡へ行ってみてもいいのに。。

 

ヘエイアで平安祈るマナ感じ

 

今朝はこの近くで

大物と泳ぎました。

さて、何でしょう?

 

マーラマ・ポノ🙏  まはろ なー あくあ

雨の時は熱い味噌汁でお腹を温めましょ。

お読みいただいてありがとうさんでした。

マナコー manakō (マンゴー)

ヴェリナ マイ カーコウ

今日は不思議な1日でした。

今まででの集大成ぐらいの

ドルフィンスイムをして

今までの集大成ぐらいの写真が撮れて

ワクワクしていたのに、、、

カメラがタイマーになっていたらしく

全部10秒後の写真。。。

f:id:KonaHawaii:20210710094817j:plain

この一枚だけは偶然

10秒後に出て来たイルカさんに

レンズの角度が合っていたらしく、、

神技のように写っていました。

 

30頭ぐらいに20分ほど囲まれて

それはそれは幸せな時を過ごしたのですが、、

パソコンにアップロードしようとして

カメラが思うように作動していないのが

わかって、

それはそれははぶててしまいました。

とさ、、、

タイマーになっていたのも神技?

あまりにも楽しみ過ぎたのかもしれません。

 

いつか絵に描いてみたいかな

写真がない分、自由に描けそう。。

 

f:id:KonaHawaii:20210710094801j:image

去年、知り合い宅のマンゴーを

取らせてもらった時の写真

冷凍にして日本から来島されるのを

待っていたけど、まだ無理そうで

マンゴージャムにしましたが

まだ、いらっしゃれないみたいで

もう今年の分が熟して来そうです。。

 

私はマンゴー酔いをして

酷い目にあったことがあります。

 

10年ぐらい前のある日、

友達の家へ行くと

大きくなり過ぎた木から

落ちたマンゴーが

芳香を放っていました。

勿体無いので30個ぐらいもらって来て、

そのうち10個ぐらいの良いところだけ

食いまくり、、幸せに浸っていると、、

シーリングファンがぐるぐる回りだし

眩暈はするわ、吐きそうになるわ、、

歩けないしお腹は痛いし、、、

どうなることやらと思いましたが、、

 

全部吐いたら、けろりと治りました。

酔っ払い状態になっていたのでした。

アルコール分解酵素がほとんどない私は

胃の中で発酵しているマンゴーを

消化できなかったのでした。

それだけ糖分が多く、すぐ発酵するのです。

それで、急性アルコール中毒になったのか。。

それ以来落ちたマンゴーは取らないように

我慢しています。


f:id:KonaHawaii:20210710094758j:image
いろいろな種類があるし、

同じ種類でも色も大きさも違うので

奥が深い果物

アレルギーがある人も種類や部位によって、

反応が違うみたいです。

 

マンゴーのハワイ語読みが「マナコー」

長音になるところが、日本語に似ているかも。。


f:id:KonaHawaii:20210710095145j:image

うちの木にメジロが来たところです。

f:id:KonaHawaii:20210710094807j:plain

2月にこんなに花が咲いたのに、。、

 

マナコたち 大きくなれや1万個

 

と声をかけていましたが

熟したのは50個ぐらいかな。。。

野ブタは枝を根元から引っ張って

落として、上についている実を

食べていたみたい、、、

 

マンゴーを食べる幸せも

イルカと泳ぐ幸せも

贅沢が度を越してはいけないのでしょう。

ホ’オポノポノか、バチかな。。。

 

百回以上シャッターを押して最高の

瞬間がいくつかあったのだけど、、、

何も求めない、何もゲットしない

これぞ、禅の境地、、、

ま、しゃーないな

 

f:id:KonaHawaii:20210710095140j:image

ケアウホウにあるこの湾の名前を

ご存知ですか?

カラーカウア王がサーフィンをした場所です。

 

マーラマ・ポノ🙏  マハロ八百萬の神

スイートドリーム!甘い夢を

まはろあぬいろあ

アラ ala (道)

あろは あひあひ かーこう

また雨の夜、、

アラ・カハカイ=海辺の道の意味

2000年から徐々に整備された

非営利団体が管理する散歩道

175マイル、281km以上

コハラからカウへと続く

海岸沿いのトレール

f:id:KonaHawaii:20210709142532j:image

ここはハプナビーチからマウナケアホテルへ

抜ける道、歴史のある古道、

食べかす貝殻や石垣の跡も残っていたり

f:id:KonaHawaii:20210709142545j:image

飛び込みたくなるような海の色、、

f:id:KonaHawaii:20210709142528j:image

ハプナビーチを北側から見ています。

この小さな入江には亀がいつも

(と言って良いくらい)います。
f:id:KonaHawaii:20210709142536j:image
今日、歩いたO'oma のセクションには

こんな粋な看板がありました。

高級リゾート近くなので、、

f:id:KonaHawaii:20210709151228j:plain

昨日マウイから来た友達

サーフスポットのPine treeの近くで

こんな岩を見つけて座禅?

来る前にムカデに足の親指を刺されて

靴が履けないので

このアラ・カハカイ散歩なら

スリッパ(ビーサン)で行けるから楽ちん

 

でも10時過ぎたら、炎天下を歩く気がしなくなり

クアベイに潜りに行きました。

 

「アラ」はアラモアナでよく知られている言葉

「モアナ」はご存知のように海。

なので「海への道」でした。

 

コナのケアラケクアは

ケ アラ ケ クア、クアへの

またはアクア(神)への道

と言う意味でした。

 

新月や気持ち新たにアラをゆく

 

明朝は、ほぼ見えないマウリの月

真っ暗な夜、、

まなこがひっついてしまいそうなので

今日はこの辺で、、

さて「マナコー」の美味しい季節です。

端にハワイ語発音になっているだけですが、、

何のことでしょう?

 

マーラマ・ポノ🙏  八百萬の神々まはろぬい

お腹や首を冷やさないよう

お大切に〜  ありがとうさんでした